公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« September 2004 | Main | November 2004 »

水元公園の花しょうぶが蘇る

lesson_041030Ar02800
 初夏の暑いぐらいの陽気を感じさせられたある晴れた日、水元公園の花しょうぶが真っ盛りだった。その時の2輪の花をボタニカルアート風に、その背景を襖絵的な雰囲気に仕上げてみた。端正な仕上がりになったと思うがどうだろうか。(6/17/2004 水元公園の花しょうぶ園にて)

ハウステンボス遊覧船から見た景色

DSC_0307Ar05600
 5月ゴールデンウィークに、初めてハウステンボスを訪れた。遊覧船から見た居住区の景色は、欧州の閑静なリゾート地の雰囲気を彷彿とさせた。そこに浮かぶヨットやボートはその景色にさらに彩りの効果を加えるのに役立っているように思えた。(4/30/2004 ハウステンボス遊覧船上から)

夕暮れ時の夢の島マリーナの風景をもう一点

DSC_03122Ar04600
 夕日に照らされたヨットハーバーの雰囲気がうまく表現でき、気に入った作品の一つに仕上がった。これから一気に秋の季節にひた走る、そんな雰囲気が出せたような気がする。なぜか、港の雰囲気が気に入った作品になる。今後もこだわりたいテーマの一つだ。(10/1/2004 夢の島マリーナを遊歩道から臨む)

ツタの葉の向こうにビルが映った不思議な世界

PA150119Ar04600
 汐留シオサイトを歩いていて遭遇したビルの風景。ツタの葉の向こうにビルが映った不思議な世界が見えた。人工的なビル空間にも、自然の素材の組み合わせがが思いのほかよく似合う。こんな組み合わせを作品にするのもいいものだと思った。(10/13/2004 汐留シオサイトのビルの谷間にて)

多摩川下流の土手に咲いていたキキョウ

DSC_0323Ar04600
 暑い日差しがおさまってきた夕刻どき。近くの住人が耕したのであろう猫の額ほどの花壇に、ささやかにキキョウが咲いていた。それは、一際、華やかさを周囲に感じさせていた。花言葉は、「明るい希望」だそうな。チョッと沈んだ雰囲気の中にも、将来の希望を感じていただけるといいのだが。(7/4/2004 多摩川の土手にて)

諸磯湾周辺で見つけたハイビスカス

DSC_0137Ar05600
 ある日差しが強い夏の日、カメラを担いで三崎口から油壷周辺を経て三崎口漁港まで歩いた。途中で幾度か、賑わった海水浴場を通り過ぎた。ある海岸道路に面した豪華な住宅の塀際にハイビスカスの大輪が咲いていた。日差しがハイビスカスを照らし、実に夏の盛りを感じさせた。(7/18/2004 諸磯湾の住宅周辺にて)

色付き始めた楓に揺らぎの背景

DSC_00702Ar06600
 体育館でスポーツ観戦の合間に周辺を散策した。色付き始めた楓を見つけて、いよいよ秋を感じた。風にそよぐ葉の揺らぎをイメージし、背景に複雑さを加えチョッとデザイン風に仕上げてみた。(10/2/2004 町田総合体育館の周辺で)

パレスハウステンボスに紫のバラが似合う

DSC_0065Ar04600
 5月連休の初めにハウステンボスを訪れた。すがすがしい初夏の日差しが眩しいばかりだった。パレスハウステンボスの裏庭にバラ園があり、チョッと盛りを過ぎた各種のバラに中に鮮やかな紫のバラを見つけた。欧州のお城の高貴な雰囲気に実に似合っていた。(4/30/2004 初夏の晴れた日のパレスハウステンボスにて)

花博覧会で見つけたアラマンダ

DSC_0028Ar04600
 初夏の眩しいばかりの陽の光に照らされてアラマンダ(和名:有明かずら)の花が壁に咲き誇っていた。その瞬間、日本画にとても似合う雰囲気を感じていた。背景を和風の屏風に見立てて、デザイン的に仕上げてみた。(8/27/2004 浜名湖花博覧会にて)

ビルに映ってビル群が見える

DSC_0085Ar04600
 久しぶりに品川インターシティを歩いた。前に歩いた時には、ほんの一部のオフィスビルとマンションタワーがオープンしていただけだった。ビル群の中に、以外にも作品になりそうないろいろな構図があるものだ。向こうのビルに映ってこちらのビル群が見える光景に出くわした。真新しいススキの穂を前景に、それらを作品にしてみた。(10/10/2004 品川インターシティにて)

上野不忍池の蓮の静けさの表情

DSC_0316Ar10600
 上野不忍池に何度か通う。単純な蓮池がその度に多様な表情を見せる。単純な色が様々な色合いに感じられる。初夏のさわやかさを感じるある晴れた日、上野の美術館で心をリフレッシュした後、この静けさの表情に出会った。たった今観てきた日本画のシーンと重なった。(5/28/2004 ある晴れた日の上野不忍池にて)

博多の中洲を裏通りから覗いた

DSC_0033Ar02600
 所用で博多を訪れた。那珂川に沿って博多港方面に歩いた際、中洲を裏通りから覗いたこの一場面が心に焼きついた。夜には人で賑わうはずの飲み屋街と昼間の高級車には、妙な違和感が感じられた。(4/28/2004 博多中洲の裏通りにて)

夕暮れ時に咲くフヨウ

DSC_0148Ar05600
 夕暮れ時に公園を歩いていると、フヨウの花が目に留まった。2輪並んで咲いている花が何気なく印象的に思えた。可憐な雰囲気が、作品では、実際よりも妖艶になった。背景の一部には、デザイン模様を試しに配置した。(10/01/2004  夢の島公園の道端にて)

夕暮れ時の夢の島マリーナにて(その2)

DSC_0355Ar04600
 黙々とクルーザーの整備をするヨットマンに出会った。真横から照らしている夕日が、無言でそのヨットマンに作業を急かしているかのように見えた。そんな構図がとても気に入って、制作意欲を掻き立てられた。 (10/1/2004 夢の島マリーナを遊歩道から臨む)

夕暮れ時の夢の島マリーナにて

DSC_03502Ar600
 夏の活動を終え、静かに疲れを癒しているかのように見えるクルーザーを夕日が照らしていた。ほとんど人を見かけることもないマリーナに夕日がとても似合っているように思えた。そんな雰囲気が表せたような気がして、気に入った作品の一つに仕上がった。(10/1/2004 夢の島マリーナを遊歩道から臨む)

キバナコスモスにタテハ蝶

DSC_00733ArTest11600
 たまたま訪れた夢の島公園にキバナコスモスが咲き乱れていた。そこには蝶や蜂が集って、時を惜しむかのように盛んに蜜を吸い込んでいた。秋の入り口の雰囲気を感じさせる一場面になった。(10/01/2004 夢の島公園にて)

Continue reading "キバナコスモスにタテハ蝶" »

« September 2004 | Main | November 2004 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31