公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« March 2005 | Main | May 2005 »

今年も上野の旺玄展に挑戦!

71ar02800
 第71回旺玄展が、来月、下記のように開催されます。
・会期: 5/21(土)~5/30(月)
・入場時間: 9:00~16:30(最終日は、入場14:30まで、15:00終了。)
・会場: 東京都美術館
 昨年の第70回記念旺玄展には、初出品して、初入選し、大いに感激しました。今回は、2点の作品(共にサイズA0、F50号相当)を出品する予定で、5/10の搬入日に向け、最後の制作に掛かっています。2点とも入選することがチャレンジ目標です。
 近いうちに、ここでも作品の紹介をする予定です。

ゆりの花が一段と可憐に見えた

DSC_02022Ar04800
 日本産のユリを交配し、香りのよい優雅な花を咲かせるオリエンタルハイブリッドの一種「ルレーブ・ユリ」という。特に大輪ではないが、チョッとピンクがかった可憐な雰囲気のユリに惹かれた。背景をモスグリーン調な落ち着いた雰囲気にすると、日本画的な気に入った作品になった。(02/03/2005 ある生け花の会場にて)

ある小公園で見つけたしぼり模様のつばき

DSC_0135Ar04800
 今シーズンは、つばきに触れる機会が多々あった。正しく言うと、いままで一からげに当たり前に見えていたつばきに実に多くの種類があるし、シーズンも種類によって多様であることをあらためて認識したということ。赤、白、ピンクの単色もいい、形が整ったおとめつばきもいいが、このしぼり模様のつばきがとても印象的に心に残った。
 できるだけその印象をそのままに、つばきの華やかさを作品に仕上げた。(04/08/2005 蒲田近くの小公園にて)

ツツジの花が妖艶な雰囲気に変身

DSC_0087Ar04800
 西六郷にあるお寺には、季節の花が見頃に咲いていることがよくあった。この時は、桜の見頃に目を奪われ、見落とす所であった。可憐な小粒のツツジが弱々しく印象的に咲いていた。
 絵画風な雰囲気の作品作りを試したが、思いのほかツツジの花が妖艶な姿に変身した。背景には、色合い、肌合いを工夫した。制作意図とはおよそ似つかわしくない作品になったが、気に入った作品となり、このタッチを更に深めても面白いと思った。(04/08/2005 西六郷のお寺の境内にて)

線路際の花壇にチューリップが並んだ

DSC_0112Ar03800
 「並んだ並んだチューリップの花が、・・・」という気分を思い出させてくれた。ちょうど、桜前線真っ只中のこの時期、チューリップの咲き始めの時期に当たるようだ。絵画調の面白い雰囲気が作れた。(04/08/2005 JR蒲田駅に近い線路際の花壇にて)

都会には桜の季節が似合う

DSC_0054Ar05800
 地方都市に仕事で出かけるたびに思っていた。日本の都会の景色はどこに行っても同じ。なんて特徴がないのだろう。その時の思い出に決して都市の情景が鮮明に出てこない。いつもどうしてなのかと思ってしまう。でも、今のこの桜の季節は違う。わずかこの1週間は、心が躍る。桜前線をいつか追い求めながら九州から北海道まで横断してやるぞ、と思ったりする。
 桜の枝越しに、どこにでもありそうな地方都市を臨んだ情景を作品にした。桜の色合いをどう都会の背景に馴染ませるか難しかった。構図と色合いが満足のレベルに仕上がった。(04/02/2005 六郷土手近くの閑静なお寺にて)

小合溜に群がるかもめを題材にした

DSC_0150Ar03800
 1年ぶりに訪れた水元公園。去年は、水元公園のショウブ園に初めて来てそのすばらしさに感動したのを覚えている。桜にはまだ少し間があってのんびりと家族連れが週末を楽しんでいるという雰囲気の静かな週末だった。子供が投げるパンのみみに鳩やかもめが群がっては、飛び去る。夢中でそのシーンを撮り続けた。
 その時の1シーンを題材に、背景には、幾何学模様と空を組み合わせて、遥かかなたの光(夢)をかもめが追い求め続けているというようなイメージの雰囲気を作品にしてみた。思いの外、面白い雰囲気が作れた。(03/26/2005 水元公園の小合溜にて)

新宿御苑では寒桜が満開だった

DSC_0291Ar05800
 新宿御苑では寒桜が満開だった。すごかったのは、満開の桜に群がったカメラマン&ウーマンだった。その群集に向けてカメラを構えている人もいた。どう見てもカメラは花に向けられているのではなかった。一瞬、自分は、どちらを選ぼうかと思った。やはり、桜の美しさのほうに惹かれた。次の機会には群集を撮ろうと思う。これからソメイヨシノが本番。楽しみだ。
 背景には、幾何学模様と金屏風の雰囲気をあしらってみた。いい雰囲気が出た。(03/21/2005 新宿御苑にて)

« March 2005 | Main | May 2005 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31