公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« June 2005 | Main | August 2005 »

仮想オブジェクトに質感を持たせる試み

200507312Ar02800
 ますますいろいろなことができそうな感じがしてきた。今回は花びん、壷、テーブル、いすを組み合わせて構図を作ってみた。ライトは後ろ遠方から当たる夕日と、真近の裸電球を2種類を想定した。どうも寂しいということで、、枝を壷にさしてみた。
 花びんには、光沢感を、壷には、模様を配置した素焼き風の感触をと、それぞれの容器の質感を変えてみた。思いの外、それぞれにいい感じになったように思う。(07/31/2005 仮想世界のテーブルにて)

仮想の世界からきた静物画

20050730Ar03800
 いろいろなところから持ってきたオブジェクトをいろいろに組み合わせてみたいと以前から思っていた。今回は初めての試みとして3Dソフトから壷と容器とライトを組み合わせたシーンを切り取り、作品に仕上げた。今後の面白い展開を予感できる作品に仕上がったので、とにかく作品をアップすることにした。(07/30/2005 仮想の世界から)

はす池と花しょうぶの組合わせ3

_MG_7799Ar05800
 水元公園のはす池が気に入っている。この時のはすの葉には勢いが感じられた。葉を水面に映した情景もとても絵になるような気がした。
 2輪の花しょうぶがアクセントを添えた。(06/19/2005 水元公園にて)

堀切花しょうぶ園の入り口付近にて

_MG_6138Ar03800
 その日の堀切花しょうぶ園は、これ以上の見頃がないであろうと思わせるように花しょうぶが見事だった。その入り口付近に、やはり見頃のあじさいとタチアオイがアーケードのごとく狭い道に沿って咲き誇っていた。おこぼれとしてはラッキーだと思った。このタチアオイは実に見事な構えと色を具えていた。図鑑によると、「名前のごとく茎は直立して叢生し、穂状に多数の花がつき、長期にわたって咲き、豪華です。」
 花びらを絵画風に質素な雰囲気に仕上げてみた。また、背景は少し押さえ気味に目立たないようにした。その時の印象そのままにいい構えになった。(06/11/2005 堀切花しょうぶ園の入り口付近にて)

これもはす池と花しょうぶの組み合わせがいい

_MG_7642Ar04800
 この日、花しょうぶが盛りを少し過ぎたかというところで、ちょうど花しょうぶ祭りの最終日だった。多くの人が訪れる花しょうぶ田とは別に公園の奥まったところにも別の花しょうぶ田があって、その近くにこのはす池がある。これが当方の目指すところになる。
 前にも、水元公園のはす池がいいと書いたが、実にいろいろな表情を見せてくれた。今は葉が青々として勢いがある。この日は、はすの花にはまだチョッと早かったようだ。穏やかな水面には、対岸に見える建物が影を映していた。
 はす池と花しょうぶの情景を組み合わせるととても落ち着いた作品に仕上がった。(06/19/2005 水元公園にて)

また訪れた東御苑の花しょうぶ2

_MG_8137Ar05800
 やはり東御苑の花しょうぶは作品になる。どういう場面を取っても構図そのものが様になる。
 背景が芝生もいいのだが、水面の雰囲気もまたいい。いろいろなテクスチャーの組み合わせを試行錯誤したが、わずかに陽が照り返すような雰囲気が出たこの背景が一番気に入った。(06/26/2005 皇居東御苑にて)

はす池と花しょうぶの組合わせがいい

_MG_7802Ar03800
 水元公園のはす池が気に入っている。実に多様な葉の形の変化が、作品作りの意欲をかき立ててくれる。ハスの葉を水面に映した情景もとても気分がいい。
 盛りを若干過ぎた花しょうぶを前景にして、背景にはす池の情景を組み合わせた。とても落ち着いた情景に仕上がり、気に入った作品になった。(06/19/2005 水元公園にて)

また訪れた東御苑の花しょうぶ

_MG_8146Ar02800
 花しょうぶも見頃を過ぎたこの日、とても初夏とは思えないぎらぎら照りつけてくる陽は真夏をを思わせた。昨年、ここで始めて見た日本画を思わせる花しょうぶのシーンをもう一度作品に仕立てたいと考えてここを訪れることにしたのだった。見頃を過ぎた花しょうぶ田は、確かに花そのものの活気は失せており、花しょうぶを目的の訪問者は少なくなっていたのであろう。しかし、まだあった。芝を背景にした情景を幾つかとらえることができた。
 やはり背景の雰囲気作りに一番時間を要した。いろいろなテクスチャーの組み合わせを試行錯誤した。その中で、幾何学模様を組み合わせた金屏風的な雰囲気が似合うような気がした。(06/26/2005 皇居東御苑にて)

« June 2005 | Main | August 2005 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31