公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« October 2005 | Main | December 2005 »

紅葉の森を背景にじょろうぐもを見つけた

IMG_8344Ar02800
 北鎌倉で下車して最初に向かったのが駆け込み寺としても有名な東慶寺だった。前回ここを訪れた時は、確かロウバイが盛りの頃だったと記憶している。今回は紅葉の盛りと期待しての再来。しかし、奥まった墓地まで見渡してみたものの部分的に紅葉したカエデなどが散見される程度だったのはチョッと残念。
 紅葉の代わりに見つけたのが、じょろうぐもが作っているクモの巣だった。陽に照らされても、紅葉を背景にしてもとても美しい。しばし、クモの巣の多様な表情をとらえようといろいろな角度から夢中になって撮っている自分にふと我に返った。
 紅葉の森の背景が、神秘的な雰囲気になりおもしろい作品に仕上がったように思う。(11/23/2005 北鎌倉の東慶寺境内)

クモの巣で作った小宇宙が見えた

IMG_8406Ar02800
 その日は、北鎌倉で下車して東慶寺と浄智寺を訪れた。期待したほどの紅葉には恵まれず、少々落胆したのだが、思わぬ作品の題材が浄智寺にあった。陽に照らされて輝くばかりの不思議な光景を見ることができた。チョッと小ぶりの形のいいクモの巣だった。
 そのクモの巣を素材に、小宇宙を思わせる光景の作品に仕上げてみた。面白い雰囲気と色合いになった。(11/23/2005 北鎌倉の浄智寺境内の森の中)

イチョウの落ち葉の中を歩く幸せ

IMG_7748Ar03800
 そこは、まさに自然の森に囲まれた一角だった。神代植物公園に隣接したまだ整備が行き届いていない和風庭園らしき区画が幾つもあった。正面の門からイチョウ並木がその中心部まで続く。イチョウの落ち葉がその道路を覆いつくすように風に戯れていた。こんな光景を今まで見たことがなかった。
 そこでの印象がいまだに頭から離れない。いろいろな色がある。いろいろな形がある。時々は、丸々した銀杏(ギンナン)が転がっている。そこに強い秋の日差しが降り注いでいる。しばし幸せなひと時を感じる。そんな印象を作品に仕上げた。(11/19/2005 神代植物公園に隣接した公園の一角)

これぞカナダのカエデの紅葉と思えた

IMG_6200Ar06800
 ローレンシャン・モンテベロの紅葉の森の散策が、間違いなく今回のハイライトの一つであった。薄日の差し込む森には、多様な木々が、それぞれの秋を体現していた。紅い葉もあれば黄色い葉もある。まだ緑のままの葉もある。形もまちまちでどれを見ていても飽きが来ない。それらの中でも、このカエデの場面は、ひときわ鮮やかに心に残った。これぞカナダのカエデの紅葉と思えた。
 その時の心の印象を作品にしてみた。背景にはとても苦労した。結局は、落ち着いたこげ茶色が一番似合った。(10/12/2005 モンテベロ/カナダの紅葉の森)

井の頭公園で見つけた小さな秋

IMG_7075Ar05800
 その日の井の頭公園は、家族連れやカップルで溢れんばかりの賑わいがあった。暖かい晴れた土曜日だった。池の周辺には、自作自演のストリート・ライブ、オリジナル・イラスト作品を並べた出店などが数々楽しめた。
 紅葉の葉っぱを切り取った一場面をもとに、新宿の高層ビルの背景を組み合わせて小さな秋の風景作品を作ってみた。秋らしい色合いの作品に仕上がったように思えた。(11/05/2005 井の頭公園にて)

モンテベロで遭遇した紅葉の森の気分

IMG_5848Ar04800
 カナダのモンテベロで、すばらしい紅葉の森に遭遇した。特に、陽に照らされたカエデを逆光に見た時の色合いのすばらしさが印象的だった。周辺を散策しながら、いつの間にか逆光のカエデのシーンばかりを追い求めていた。
 紅葉の葉の向こうにさらに深く紅葉の森が果てしなく続いていている。そんな景色を背景にして空の青さと陽の光と組みあわせた。あの時の印象と気分を表せたような気がした。(10/12/2005 モンテベロ/カナダの紅葉の森)

果物を配した3D静物画

200511082Ar800
 ありえない光景を現実の世界であるかのように表現できる3DCG(コンピュータ・グラフィック)には、アート作品の素材として無限の奥行きを感じる。3DCGとしての特性を生かして、いかにイメージを表現し、気に入った場面を切り出すかは、まさに作者の意図以外に何ものでもない。
 まずは、「何を作りたかったのか?」と言われそうな果物を配した3D静物画。ごく普通に仕上げてみた。いかにも3DCGの作品というのはとにかく避けたい。面白みに欠ける。次は、どのような工夫を組み合わせようか。(11/10/2005 自宅の3Dキャンバス)

川の清流と楓の鮮やかさの対比

2005103Ar034800
 前作では、ほとんど色合いのない山の景色や森の木々が、楓の鮮やかさととても相性がいいと書いたが、今回は、上高地の清流のイメージを楓と組み合わせてみた。清流が生み出す深々とした静けさに楓の鮮やかさがとても似合っていた。
 清流の中には、枯れた枝が横たわって揺らいで見える。清流には枯れた葉っぱが時折流れすぎて行く。いろいろなシーンが想像を掻き立てた。まだ、しばらくは紅葉がいろいろし楽しめそうだ。(11/07/2005 上高地の清流のイメージ)

久々のVUE5作品-光の影が作る縞模様

2005110342Ar800
 久々のVUE5の作品ができた。こんな作品を、あんな作品を作りたいという思いがいろいろ募っていた。その一つのアイデアに縞模様の影を生かした作品というのがあった。
 何を表現したいのか、と特に考えがあったわけではないが、獄中に不本意にも閉じ込められた人々の怨念の表情にも見えた。習作としての一つの試みが果たせたように思う。(11/03/2005 光と影に閉じ込められた世界)

カナダのメープルはスケールの大きな自然が似合う

IMG_5922Ar05800
 カナダのローレンシャン高原ではちょうど紅葉が見頃を迎えていた。山が一面にというわけではなかったものの、メープル(砂糖カエデ)の群生する森では、紅の色に染まった葉を十分に堪能した。
 背景には、葉の裏から強く差し込む日の光と、それに照らされた湖面をイメージした。和風の雰囲気が似合う日本の楓と対照的に、メープルは、スケールの大きな自然が似合う。(10/12/2005 ローレンシャン高原にて)

« October 2005 | Main | December 2005 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31