公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« January 2006 | Main | March 2006 »

フェンスの向こうで何かが起きそうな予感

DSC_0601testAr17800
 引き続き、「フェンスの片側に日常があるとすれば、フェンスの一方には、都会の不安、危さがある」というような対比的なシーンを表現したいと思った。どのようなフェンスにしたらこの情景に似合うのかあれこれと迷った末に試しに破れたフェンスにしてみた。フェンスには、腕がのび、これから迫りくる不安を表してみた。
 このテーマについては、まだまだいろいろな表現と組み合わせができそうで面白くなってきた。(02/04/2006 JR蒲田駅に近い線路沿いフェンスにて)

形のいいつばきを見つけてうれしくなった

IMG_9333Ar04800
 鎌倉八幡宮近くの路地裏で、とても形のいいつばきを見つけてうれしくなった。
 その日の鎌倉行きの目当ては本当は梅だった。有名どころを敢えて避けてるつもりで鎌倉駅周辺を巡ることにしていた。英勝寺、海蔵寺のこじんまりした風情のある雰囲気はなかなか良かった。梅はまだちょっと早かったようだった。そこから、妙本寺方面に足を向ける途中だった。
 カメラを向ける気分をそそられるつばきにはめったにお目にかかれない。ちょっと日本画風に仕上げると落ち着いた気に入った雰囲気になった。(2/18/2006 鎌倉八幡宮参道近くの路地裏)

東京タワーから見た富士山に感動(写真作品)

IMG_7001Ar03800
 その日は、昼間は恩師を偲ぶ会が有楽町で、夕方には食事会が川崎で予定されていた。思い立って東京タワーの展望台に立つと何と富士山の影が見えるではないか。夕日にかくれるまでじっくり待つ時間はなかった。ぎりぎりまで粘った結果がこの写真作品だった。ビルの影が実に幻想的な雰囲気を醸して、たいへん気に入った情景になった。
 東京の景色、夜景を高い場所から鳥瞰することにはまってしまった。天候に左右されながらもいろいろな意外性があるのがいい。今後も楽しめそうだ。(01/29/2006 東京タワーの展望台にて)

フェンスから透けて見える情景

DSC_0601testAr14800
 フェンスの手前に日常があるとすれば、フェンスの向こうには、都会の不安、危さがあるというような対比的なシーンを表現したいと思った。落ち葉の敷き詰められた地面には、将来を予感するかのように2つの大きな影が落ちていた。
 構図などにさらに手を入れればもっといい表現になると思えた。気に入った雰囲気と色合いが出せたと思うのでアップすることにした。(02/04/2006 JR蒲田駅に近い線路沿いフェンスにて)

東京の夜景にはまりはじめた(写真作品)

IMG_7606Ar05800
 ガラス越しに見る東京の夜景を自分として納得できるレベルに撮るには相当のハードルがあった。三脚の持ち込みが難しいとなれば手振れとの戦いである。室内の明かりがどうしても消しこめない。偏光フィルターを早速試みたが、多少効果があるものの完全とは行かない。それでも、時には感動するほどの夕日のシーンにぶち当たるかもしれないなどとまだまだ夜景を追求する気力が衰えそうもない。
 この日は、最初から夕方のシーンと夜景を撮る目的で、東京都庁ビルの展望室に足を運んだ。富士山、奥多摩山系もいいが、東京タワーを臨むこの景色もなかなかのモノだと思った。
 ステンドグラス風の図案を組み合わせて、写真の加工作品を試しに制作してみた。こんな試みも面白いと自己満足した。(02/04/2006 都庁ビル展望室から東京タワー )

入選作品 「都会の焦燥」

DSC_0120Ar282800

・作品の思い: 今回は、「都会の危さ」をテーマにした2作品を出品した。都会の危さを感じさせられる自然災害や人災が最近は何と多いことか。そんな都会、社会への不信感がこの2人の男女の行く手を塞いでいるかのような情景を表現したくなった。

・第45回記念神奈川旺玄展入選作品
・横浜市民ギャラリー(関内) ・開催期間 2006年2月8日(水)~2月12日(日)
・画題  「都会の焦燥」 
・大きさ A0(841x1189) F50号相当

入選・入賞作品 「都会の蜃気楼」

IMG_0393Ar14800

・作品の思い: 今回は、「都会の危さ」をテーマにした2作品を出品した。幾重にもひび割れた地面をひたすらさまよい歩き続けていた3人の男女が、ふと向こう を見上げると明かりの先にビル群(明るい未来)が見えてきたではないか、というような情景を表現したいと思った。

・第45回記念神奈川旺玄展入選、入賞作品(讀賣新聞社賞)
・横浜市民ギャラリー(関内) ・開催期間 2006年2月8日(水)~2月12日(日)
・画題  「都会の蜃気楼」 
・大きさ A0(841x1189) F50号相当

神奈川旺玄展(第45回)で入選、入賞を果たしました

  すでにお知らせしました(01/03/2006付けブログ)が、第45回記念神奈川旺玄展が、来週の水曜日から5日間、横浜市民ギャラリーで開催されます。
  今回は、下記の2点の作品を応募し、幸運にも、前回に引き続き、入選・入賞を果たしました。今年はまさに正念場と考えていただけに、喜びもひとしおの感があります。この思いを次の作品作りにつなげて行きたいと思っています。
  共通のテーマとしては、「都会の危さ」を考えました。地震などの自然災害、耐震強度偽装にあるような人災と社会不安と、最近の例を挙げたらきりがないほど「都会の危さ」が顕在化してきていると思います。破滅の先には必ず希望・期待があるということを感じさせるような情景を対比的に表現できたらと思いました。順次、ここで紹介していきます。

1. 「都会の蜃気楼」   (サイズA0、F50号相当)・・・讀賣新聞社賞受賞

2. 「都会の焦燥」     (サイズA0、F50号相当)

 お時間がありましたらJR関内駅前にある横浜市民ギャラリーにご来場いただけると大変うれしいです。

« January 2006 | Main | March 2006 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31