公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« July 2006 | Main | September 2006 »

六郷橋から見た多摩川花火

Img_0359ar04800
 六郷橋から見た多摩川の花火が良かった。初めてのデジタル一眼レフでの花火撮影に心躍らせた。三脚で固定し、レリーズのスイッチをほとんど入れっぱなしにし、シャッター開放を5から10秒で調整した。風の向きに恵まれ、煙のモヤモヤに悩まされることもなく初めて花火が花火らしく撮影できたように思う。
 そこでの幾つかのシーンを組み合わせて、花火のシーンの雰囲気を合成してみた。(08/15/2006 多摩川花火大会・六郷橋から)

神奈川県勤労者美術展に出品することにした。

 第57回神奈川県勤労者美術展に「黄昏(たそがれ)花」を出品することにした。07/30/2006に本ブログに掲載した「夕日を映した小合溜(こあいため)を背景に花しょうぶ」を更にアレンジして、前景の花しょうぶと遠景の黄昏の景色とを組み合わせた作品とした。チョッと寂しげな風景となったが、奥行き感のある大変気に入った作品に仕上がったと思う。(会期: 9/12(火)~9/17(日) 場所: 横浜市民ギャラリー)
 1年前の第56回の本展では、初めて夢の島マリーナの夕暮れの景色を描いた自信作を出品したが、入賞はならなかった。その時の講評会では美術作品としてのまともな講評をいただけず、パソコンで制作した「デジタル版画」では他の作品と同じ土俵で評価されていないと、残念な思いをしたことを覚えている。「今回こそは」と、敢えて挑戦するつもりで出品を決めた。
 神奈川県勤労者美術展とは、県内に在職または在住の勤労者を対象にした勤労のかたわらに制作した作品が対象。詳細は、下記に掲載する。56kinnrouannnai4_1
Mapshiminngal

炎天下に咲く向日葵(ひまわり)の花

Img_3263ar03800
 その日は、昼前だというのに猛暑だった。体感温度は、34℃というところだろうか。帽子のない頭に容赦なく強い日差しが降り注いだ。伊勢町周辺の小公園には、木陰のベンチで暑さを何とか凌いでいるお年寄りが数人見えた。花壇で群生する勢いのいい向日葵(ひまわり)を見つけ夢中でカメラに収めたのだった。
 勢いのいい向日葵と降り注ぐ日差しをイメージし、背景を組み合わせて作品にした。多少、イメージを描ききれなかったものの、気に入った色合いになった。(08/10/2006 川崎市伊勢町周辺にて)

« July 2006 | Main | September 2006 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31