公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« November 2006 | Main | January 2007 »

上半身が気に入った裸婦画

Posefile005pt02800
 腹部の質感を出すのがなかなか難しいと思った。腕の陰影も繊細だと思った。デッサンとしては、まだまだのレベルと思いながらも、制作過程をアップすることにした。(12/30/2006 自宅アトリエで制作)

背景と組み合わせた裸婦の習作

Womandraw902p10800
 勢いで制作した裸婦の習作。髪の毛や手の表現などうまくいった。(12/28/2006 自宅アトリエにて)

光に照らされた顔

Posefile007pt02800
 デッサンの習作に光に照らされている雰囲気を組み合わせてみた。以前から光と影を題材にした作品の制作を考えているが、この作品はそれに相応しいと思える気に入ったできばえになった。(12/28/2006 自宅のアトリエにて)

デッサンを題材にデザイン風に仕上げ

Womandraw901pt04800
 写真を元に制作した裸婦デッサンをポスター・デザイン風に仕上げてみた。とても斬新な雰囲気が作れ気に入った作品になったのでアップすることにした。今後の作品作りの一つの技法として面白い展開が期待できるような気になってきた。(12/25/2006 自宅で制作)

裸婦デッサンの習作第2弾

Posefile0002pt800
 ポーズ写真ファイルを集めたデッサン教本の写真から、裸婦デッサンの習作第2弾を制作した。陰影の表現がなかなか難しいが、うまくいった時には、また次の作品を作ってみたくなる。(12/24/2006 自宅アトリエで制作)

習作「ローマの休日」をさらに描き込んだ

Hepburnromanholiday2pt09800
 習作「ローマの休日」の顔の部分にさらに手を加え、ハイライト部に注目して描き込んでみた。(12/24/2006 自宅で仕上げた)

習作「ローマの休日」

Hepburnromanholiday2pt05800_1
 憧れのヘップバーンがうまく描けた。衣服の質感、手の雰囲気などチョッと力みすぎた感はあるが、納得の雰囲気が出せたよう気がした。
 かつて映画「ローマの休日」を初めて観た時、感動したものだった。その時以来、憧れの的であることには違いがない。グレゴリー・ペックが王女を後ろから遠慮がちに抱きかかえるこのシーンは、昔の感動を再びよみがえらせてくれるようだ。(12/19/2006 自宅アトリエで日夜制作)

「女神の表情のような女性像」に色付け

05800
 1時間以上掛けて制作したせっかくの作品が、通常の操作の中にもかかわらず一瞬にしてソフトの「重大なトラブル」によって消失してしてしまった。こまめにバックアップをしておけばよかったと思っても後の祭り。その後、制作したのがこの作品。髪の毛や、肌の質感の表現が自分なりに少しずつ分かってきたような気がする。花の飾り、背景などを組み合わせ小品に仕上げた。気に入った作品になった。(12/06/2006 自宅アトリエで制作)

手の表情の習作-第2弾

Img_1603pt03800
 優しい手の表情の習作を制作した。あまり、特徴的な表現ができず、普通の手になった。 あわせて、色と背景を試しに組み合わせた。(12/14/2006 自宅アトリエで制作)

手の表情の習作

Img_1615pt02800
 手の表情の習作を試みた。何を主題に手を表現するか、結構難しいテーマだと思った。制作しながらごつごつ感を通して力強さを表現するのもいいものだと思った。(12/14/2006 自宅アトリエで制作)

「ボーカリストの叫び」に色付けした

Img_0524pt0280006800
 試みに「ボーカリストの叫び」に色付けした。背景などに多少の工夫を加えることにより、気に入った雰囲気の作品に仕上がった。全てをゼロから、(パソコン上のものではあるが)自分でブラシで描き起こすのも気分がいいものだと思った。(11/26/2006 下北沢のライブハウスにて)

チョッとにやけた表情のドラマー

Img_1597pt02800
 これで、バンドの面子(めんつ)が全員そろった。顔の表情をデッサン作品にすることの面白さが分かってきたような気になった。結構、自信もついてきた。(11/26/2006 下北沢のライブハウスにて)

女神の表情のような女性像

Womantrialpt800_1
 ますますエスカレート。女性を夢中で描き込んでいたら、こんな女神の表情のような女性像が出来上がった。モデルの表情を忠実に写し取れたかどうかと関係なく、気に入った表情に仕上がったので、作品をアップすることにした。(12/08/2006 自宅のアトリエにて)

ボーカリストの叫び

Img_0524pt02800
 これもライブステージの写真をもとに、ボーカリストの表情をデッサンに仕上げた。演奏の時の情景と雰囲気を再現するに十分なできになった。デッサンがますます面白い。(11/26/2006 下北沢のライブハウスにて)

陶酔のギタリスト

Ikeda03800
 ライブステージの際の写真をもとに、ギタリストのデッサンの習作を制作した。演奏に陶酔した雰囲気がチョッと出たと思えた。(11/26/2006 下北沢のライブハウスにて)

知り合いのベーシスト

Img_04472pt800
 その日は、知り合いのバンドのライブステージを聴きに行った。その時の写真をもとに、デッサンの習作を制作した。チョッと気に入った雰囲気が出た。(11/26/2006 下北沢のライブハウスにて)

多少は進化したか?デッサン習作

02pt0180002800
 「Painter」のブレンド・ブラシを使って、細かい濃淡を表現しようと試みた。前作よりは、進化したように思えた。当座はこんなペースで行くとするか。ますます面白くなってくる。(12/03/2006 自宅で仕上げた )

« November 2006 | Main | January 2007 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31