公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« April 2007 | Main | June 2007 »

女性ポートレートを自分風に3

Woman0309800
 物憂い雰囲気のポートレート作品になった。背景も含めて全体のバランスを取るのがなかなか難しいと思った。
 髪の毛のふくらみ感を出すのが課題だったが、多少、納得レベルに近づいてきたように思うが。(05/27/2007 自宅PC画廊にて)

女性ポートレートを自分風に2

Woman0204800
 自分風の思い切ったポートレート作品を作ってみようと思った。自分好みに朱色と緑を組み合わせた挑戦的な色彩にしてみようと考えたのだが、なかなか勇気のいることだ。(05/26/2007 自宅で仕上げた)

友人の知人夫妻の似顔絵

M_barberi012800


M_barberib06800

 友人の知人夫妻の似顔絵を制作してみた。依頼主と制作者の納得度が必ずしも一致しないところを、修正の過程でそのギャップを埋めていく作業になるのだが、ニュアンスを共有化していくことのコミュニケーションの難しさを大いに感じた。一方、制作者の自己満足だけでは済まされない厳しさを感じ、たいへん勉強になった。
 一応の納得作品ができたのだが、今後、似顔絵の制作を引き受けるかどうか、またその時考えることにしよう。(05/25/2007 自宅PC画廊にて)

女性ポートレートを自分風に

Woman0102800
 今週の5/22(火)から、上野の旺玄展が始まった。展示された自分の作品を見ていただくのはうれしいものだ。一方、もう次の作品作りが始まったような気分になった。
 女性ポートレートの髪の毛の質感が今までのところうまく行かず気になっている。そこで、もう少し作品を積み重ねて、納得したいと思った。合せて、自分風のポートレート作品を作ってみたいものだと考えた。(05/24/2007 自宅アトリエで制作)

(速報)上野旺玄展で3年連続の入選、入賞

  すでにお知らせしました(05/04/2007付けブログ)が、第73回旺玄展(上野)が、5/22(火)から5/30(水)までの9日間、東京都美術館で開催されます。
  今回は2点の作品を出品し、幸運にも3年連続で2作品ともに入選・入賞(努力賞)を果たしました。同時に、旺玄会の会友推挙も決まりました。
  今年はまさに実力が問われる年と、自分で位置付けました。基礎的な絵画のセンスを磨くことをしながらいろいろ挑戦的な試みをしたいと考えていました。これをステップとして、次のテーマの模索と納得の作品作りにつなげて行こうと思います。いろいろご意見などを寄せていただけるとうれしいです。

旺玄展への応募作品の制作を完了

 5/22(火)より5/30(水)まで上野の東京都美術館で開催される第73回旺玄展に、下記に紹介する2作品を出品することにしました。「都会の陽炎(かげろう)」では、連休中に手直しの連続ということもあり、悪戦苦闘しましたが、周囲からの多くのアドバイスをいただき自分としては一応の満足レベルに達したのではないかと思います。「忘れかけた心の風景」では、神奈川旺玄展以来、構図の変更をいろいろ試みましたが、それ以上のできばえを実現できませんでした。それだけいいできだったということだと捉えました。

1.画題  「都会の陽炎(かげろう)」
Uenoougenwfpt43800
・大きさ A0(841x1189) F50号相当
・思い 荒涼とした都会で、どこからともなく次から次へと沸き立つ陽炎(かげろう)を2つの手のひらが都会の中に塞ぎとめているかのようなシュールな情景を表現したかった。陽炎に見立てた人物像と手のひらなど手描き画材をモチーフに自分としてはチョッと挑戦的な試みをしたかった。


2.画題  「忘れかけた心の風景」
Img_91383ar2902800_1 
・大きさ A0(841x1189) F50号相当
・思い 子供の目線で見た都会を表現した。都会を何気なく行き交う大人が、ふと、昔懐かしい風景を思い出すような瞬間を構図に反映し、ほのぼの感のある作品に仕上げたいと思った。(なお、本作品は、神奈川展出品作品をアレンジした。)

旺玄展(上野/東京都美術館)に作品を準備中

73ougen250
 5/22(火)より5/30(水)まで上野の東京都美術館において第73回旺玄展が開催されます。今はそれに向けて2作品を準備中です。まさに格闘中と言ってもいいと思います。
 昨年(第72回)は、出品3作品に、2作品が入選、うち1作品にマツダ賞(スポンサー賞)の栄誉をいただき、2年連続の入賞を果たしました。今回は、どうでしょうか。真価が問われることになります。

知人のために似顔絵を描いてみた

Toshimag02800
 少女のポートレート習作として、知人の似顔絵を描いた。額、頬の丸みや顔の表情がうまく描けた。今後、似顔絵の請負いを少し宣伝してみてもいいと思ったが、どうだろうか。(05/04/2007 自宅PC画廊にて)

« April 2007 | Main | June 2007 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31