公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« July 2007 | Main | September 2007 »

都会のショーウィンドウの中はどんな世界

Img_9576ar22ar15800
 都会のショーウィンドウに映った世界を想像している間に、いろいろに交錯した世界が空想されてきた。
 ショーウィンドウに映る人の流れは、どこが始まりでどこが終わりでもない。規則性があるようでないようで。そんなありえない都会の一シーンを、奥行き感を意識して制作して見た。今後さらに発展させてみたくなった。
 遠景には、昨年訪れたトルコの遺跡を配置した。最近小石川植物園で撮りためたアゲハ蝶が空中に舞っている姿の幾つかを組み合わせた。(08/27/2007 自宅PCキャンバスをアトリエにして)

都会の虚像を見ているような

Img_9576ar24_p10007800
 前作の「なんとなく都会の雑踏のような2」(7/29)を、一時は満足レベルと感じたものの、すぐにもっとアレンジしてみたくなった。
 主役に位置付けた前景の群集が、ちょうど全画面の半分を占めていることが構図的に中途半端な感じがしたので、思い切って大きくしてみた。デパートのショーウィンドウに反射して見える都会の風景をイメージしていたのだが、何が実体で、何がガラスにうつった映像か、だんだん交錯した世界になってきた。
 これはこれで、作品としては面白さが出てきたように思ったが。(08/27/2007 自宅の仮想アトリエにて)

また違う雰囲気のサギソウをもう一題」(写真作品)

Img_4380ar800
 西立川口から入園し昭和記念公園を約4時間かけて一巡して、花みどり文化センターにたどり着いた時には、もう早くうちに帰ってゆっくりしたいものだという時間になっていた。ただただ冷房のきいたところで一休みしたいという一念だった。
 入り口に入ろうとしたその時に、鉢植えにささやかに乱れ飛んでいるサギソウを見つけた。(08/19/2007 昭和記念公園花みどり文化センターにて)

3羽のサギソウが乱れ飛ぶ」(写真作品)

Img_4228ar800
 昨日は少し涼しさが戻ってほっと一息したと思ったら、もう暑さがぶり返してしまった。このまま行き倒れてしまうのではないかとの一瞬の恐怖感を感じながらも炎天下で日本庭園をじっくり堪能した。池を中心に広々とした園内には、滝の流れを眺めながらゆったりできる東屋風の休憩所などがあり、実に雰囲気がいい。池のほとりで出会った野鳥の研究家が、「カイツブリの子供がちょうど生まれて一ヶ月目で、今親離れしようとしているところです。」と説明してくれた。
 日本庭園の一角には、盆栽の展示場があった。そこにささやかに乱れ飛んでいるサギソウを見つけた。(08/19/2007 昭和記念公園内にある日本庭園にて)

アゲハってなんて美しいのだろう(写真作品) 

Img_9499ar800
 この日は幸運にもきれいなアゲハチョウに遭遇した。めったにキズのない翅を持ったチョウにここのところ遭えなかったものだから。 
 チョウに似合う背景、ピントを外さない中にも動きを感じさせる構図というものになかなかお目にかかれないものだ。「今日はついている。」と一瞬思ったりした。(07/31/2007 これも都立武蔵国分寺公園の花畑の一角)

ささやかに咲いていたコスモス2(写真作品)

Img_9661ar800
 前作では、背景に強い明暗の対照が面白い雰囲気を醸していた。一方本作品では、優しい淡い草緑色が、コスモスをやわらかく包み込んでいるかのような情景になった。
 これも、なかなか気に入った日本画のような雰囲気になった。(07/31/2007 都立武蔵国分寺公園の花畑の一角)

ささやかに咲いていたコスモス(写真作品)

Img_9656ar800
 この日は、いかにも夏の日差しが照り始めていた。西国分寺で用事を済ませた後、武蔵国分寺跡から、国分寺、蛍のせせらぎ・お鷹の道を経て都立武蔵国分寺公園を一巡した。都心からは想像のつかない、竹やぶや雑木林、夜には間違いなく蛍が出現しそうなせせらぎ・お鷹の道、その周辺には昔ながらの旧家の門構えと、思いもかけぬ風情に一時の幸せを感じた。
 強い陽に照らされてあまり勢いのないコスモスが背景とマッチして、日本画のような雰囲気になった。(07/30/2007 都立武蔵国分寺公園を散歩していて)

« July 2007 | Main | September 2007 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31