公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« September 2007 | Main | November 2007 »

油彩静物画第3作目

_20071029ar02800
 油彩で初めて気に入った静物画が描けてきたように思った(F10号)。ユリの花びらを何度となくナイフで削っては描き、描いては削り、まだ完成形には至らないが、取りあえずの納得の形にはなった。花瓶と器の立体感は出せように思った。(10/29/2007 絵画教室にて悪戦苦闘)

引き続き油絵で静物画

_20071004ar02800
 引き続いて油彩で静物画の制作を継続した(F10号)。構図の修正のためトリミングした結果が、この作品になった。初めての油絵を超えた作品にはならなかったが、積み重ねが大切ということにしておく。(10/29/2007 横浜日の出町絵画教室にて)

悠美会展に出品した8作品一覧

 悠美会展に出品した8作品は、下記の通りです。
 大きさ      縦/横  実際の大きさ(タテXヨコ)      画題
①F20相当    縦     790x530            水面の揺らめき
②F20相当    横      530x790            たそがれ花
③F10相当    縦     570x419            都会の陽炎
④F8相当     横     320x461            ガラスの雑踏
⑤F4        縦     333X242            緋色の花風景
⑥F4        横     242X333            マリーナの夕映え
⑦F4        縦     333X242            若さいっぱい
⑧F4        横     242X333            蝶と静物
 出品作品それぞれの思いなどを一覧表にまとめました。
ここをクリックすると、ご参照いただけます。

今日はグループ展(悠美会展)の初日だった

 実は、初参加したグループ展(第32回悠美会展)が今日から1週間の予定で開催されました。当方は、「デジタル版画」 8点を出品しましたので下記にご案内します。ぜひ、ご来場いただきたいと思います。

 本展は、油絵を中心とした絵画コミュニティーのグループ展ですが、いつもご指導をいただいているアドバイサーとのご縁もあって参加の機会をいただいたという経緯です。美術団体「旺玄会」の関係者数人が、悠美会のメンバーとしても参加し、F20号までの小品約90点が展示 されています。
■会期: 10/21(日)~27(土) AM10:30~PM6:30(最終日は、PM3:00まで)
■場所: 東京近代美術クラブ 中央区京橋2-7-12 TEL:03-3561-2780
行き方: 明治屋の前から銀座日本橋通りをクロスする通りを昭和通り方面に歩くと数十m程で左側に画廊「東京近代美術クラブ」のオレンジの看板が見えます。
800
800_2


油絵に挑戦した

_20070913ar800
 初めての油絵に挑戦してみた(F6号)。アナログとデジタルを組み合わせたら、今後さらに作品の幅が広げられる期待を感じた。油絵の質感を、デジタルの世界に取り込むこともできそうな予感がする。油絵をデジタルに取り込み、それを下地にして、Painterでデジタル加工することも面白そうだ。(実は、本作品も、一部をそっとPainterで修正した。)
 いろいろな意味で、今後が楽しみになってきた。(10/16/2007 横浜日の出町絵画教室にて).


勤労者美術展の入賞作品と講評が掲載された

 勤労者美術展への入賞作品が「神奈川県勤労者美術展ホームページ」に他の入賞作品と共に掲載された。合せて、審査委員の先生の講評が次のように記述されていた。「技術を駆使した、ダイナミックな作品である。文字使いが上手だが、表現したいモチーフをもう少し明確に」
 自分なりにモチーフを絞ったつもりだった。陶酔の中のライブハウスと、その渦中にいるバンドマンが実は、いくら時間があっても足りないぐらいに忙しい仕事中毒者だった、と。しかし、作者の意図は必ずしも受け手には伝わらないものだ。反省点がある。
 一方、敢えて、作者の説明を省き、意図を押しつけずに、受け手に考えていただき、想像力をかき立てることも必要な気がしてきた。今後の課題だ。

古代ローマ帝国の幻想

Img_9576ar25_11800
前作では、「久しぶりに混沌から抜けたような気分」(09/18/2007付け)としたが、そこからの発展は、そう簡単にはいかなかった。いろいろな組み合わせを試してみたが、単に具象的な背景を組み合わせても納得できる構図にはなかなか至らなかった。
 本作では、「古代ローマ帝国の幻想」をイメージして、行き来する軍隊の行進、神殿の背景、彫刻を思わせる皇帝の苦悩の表情と手などを、断片的に組み合わせ、幻想(どちらかと言えば倒錯?)の表現を試みた。自分では、試みの表現として面白いものを感じたがいかがだろうか。(10/15/2007 自宅アトリエで日夜制作)

かわさき市美術展に出品した「都会の虚像」入選

 かわさき市美術展に出品した「都会の虚像」(09/09/2007付けブログに記載)が入選した。幸運ばかりが続くわけはなく、連続の入賞はこれで途絶えたことになる。
 残念な気もするが、拙速であったがゆえに幾つかの反省点がある。自分としてのきめ細かな最後の仕上げに十分な時間を割けなかった。公募展への出品が目的化しつつあった。また、いつも、とても親身にご意見、コメントをいただいているアドバイサーの方々との意見交換がほとんどできなかったこともある。今後に反省を生かすべきいいチャレンジ目標ができたと考えることにした。
 気になることもある。版画の部門に応募したにもかかわらず、水彩の部門に位置付けられていた(他には日本画と油彩の部門がある。)。本美術展には『デジタル版画』に、アート作品としての受け皿があったのかどうかと。会期(11/2~10)の最終日には、個々の展示作品についての講評会が予定されているので、そこでの講評を聞かせていただこうと思う。

« September 2007 | Main | November 2007 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31