公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« October 2007 | Main | December 2007 »

応募作品「アゲハの舞いII」(2枚組み)

Img_8410ar078a4800
 よみうり写真大賞「デジタルアート部門」に応募する作品2枚組み「アゲハの舞い」の1枚。これも、幻想的な雰囲気の世界に蝶が舞う姿とその奥行き感がうまく表現できたのではないかと思ったがどうだろうか。(09/09/2007 小石川植物園にて撮影)

応募作品「アゲハの舞いI」(2枚組み)

Img_8410ar08a4800
 よみうり写真大賞「デジタルアート部門」に応募する作品2枚組み「アゲハの舞い」を決めた。正直に言えば時間切れだった。期待してきただけのインパクトの強い作品には至らなかった。
 ただ幻想的な雰囲気の世界に蝶が舞う姿はうまく表現できたのではないかと思う。
 これをきっかけに、社会性、メッセージ性の強い作品を模索していければ今後につながっていくものと納得している。(09/09/2007 小石川植物園にて撮影)

アゲハの乱舞3(デジタルアート写真作品)

Img_8410ar066800
 前作「アゲハの乱舞」(11/14/2007付けブログ)の色調を暖色系にアレンジした。やわらかい雰囲気になり、さらに気に入った作品に仕上がった。

ハマ展で「時空トンネル」が入選した

 先に応募した「時空トンネル」(11/08/2007付けブログ)がハマ展に入選した。
 今回は、大きさを初めてP100号(1120X1620)にした上に、チョッと自信作であったこともあり、入賞を期待する気持ちがあった。正直なところチョッと残念な気がしている。そう長くは幸運ばかり続かないということかもしれない。これにめげず、幅広い作品作りに力をつけていかなければ、と思った。
 ハマ展では、これで2年連続して入選に留まったことになる。次回は、もっと挑戦的な作品作りを目指したいと思う。

アゲハの乱舞2(デジタルアート写真作品)

Img_8410ar076800
 前作では、アゲハの形が、花のかげに入ってしまい構図が気に入らなかった。構図全体を再度、アレンジしなおしてみた。色合いも暖色系にした。(11/16/2007 自宅PCアトリエにて構成)

アゲハの乱舞(デジタルアート写真作品)

_mg_7287ar04800
 アゲハの乱舞を切り取った作品をアレンジして、チョッと神秘的な雰囲気を出してみた。できれば、よみうり写真大賞を目指して、さらに、もっといろいろな作品の制作を試してみようと思う。(11/14/2007 今シーズン何度目かの小石川植物園)

今日は、かわさき市美術展の講評会

 [「「都会の虚像」をかわさき市美術展に出品をきめた」(09/09/2007付け)「かわさき市美術展に出品した「都会の虚像」入選」(10/09/2007)で触れた講評会に参加した。応募作品432点、うち、入賞・入選作品は249点だった。その中で、デジタル作品は当方の作品を含め2点。講評をした美術評論家先生には、デジタル作品は別世界のもので、水彩や油彩の作品とは異質なものと受け取られていたようだ。アート作品としてどう評価されたのかといったコメントは残念ながらなかった。「薄っぺらな感じがする。この上にブラシで描いたら面白くなる。」と。パソコン上で使うブラシは、本当のブラシではないかのように言う。そういうとらえ方もある、チョッとおかしな話だと思った。
 唯一うれしい思いだったのは、たまたま3人の出品者の方々が、これはどう作ったのだろうか、全体の構成がなかなかいい、とても気に入った、と会話されていたのに出くわしたことだった。

ハマ展に「時空トンネル」を応募することにした

 「都会のショーウィンドウの中はどんな世界」(08/27/2007付け)をアレンジした「時空トンネル」を第63回ハマ展(11/20(火)~12/2(日) 横浜美術協会主催)に応募することにした。これで昨年に引き続き2度目の応募になる。今年最後の公募展への出品がこれで5回目になった。
622007800_2
 (横浜美術協会ホームページ http://www.hamaten.org/より転載)
 今回の「時空トンネル」は、大きさを始めてP100(1120X1620)とし、ユポ・クロスへのプリントをP100キャンバスに張り付けて、仮縁に装丁した。
27p100_2800
 ローマ帝国を思わせる遺跡の神殿から連なる人、人、人の流れが、いつの間にか、今に至っているというような、タイム・マシーンの中にいるような不思議な世界が想像できればいいと思った。

カラタチの枝で舞うアゲハ2(写真作品)

Img_0583ar800_2
 メスのアゲハの周りを、オスが幾度となく旋回して、メスの気を惹こうとしている。もう、そういう季節になってきたんだ。(09/16/2007 今シーズン最後の小石川植物園)

カラタチの枝で舞うアゲハ1(写真作品)

Img_0577ar800
 カラタチの枝の近傍で舞うアゲハを、何とかして印象的にとらえようと連写した。その中から、動きをポイントにした1枚を選んだ。(09/16/2007 今シーズンだめ押しの小石川植物園)

黒アゲハが印象的だった(写真作品)

Img_9860800
 黒アゲハを印象的に仕上げるには、なかなか難しい仕事になる。背景で引き立たせるには、それなりのシーンを構成する準備が必要だ。(09/09/2007 今シーズンもそろそろ小石川植物園)

アゲハの乱舞に出会えた(写真作品)

Img_8410ar02800
 何度出あっても、いつも新鮮なシーンを演出してくれる。アゲハの乱舞を切り取った。(09/09/2007 今シーズン何度目の小石川植物園)

野川公園にはヒョウモン蝶が似合う(写真作品)

Img_4651ar800
 初めて訪れた野川公園には、ヒョウモン蝶(ツマグロヒョウモン)がいた。交尾した番(つがい)を印象的に撮ろうと苦労した。(08/24/2007 東京都立野川公園にて)

この夏の思い出アラカルト---トンボがいた(写真作品)

Img_0730ar800
 息子の運転で、茨城下妻小貝川ふれあい公園を始めて訪れた。園内でオオムラサキを飼育していると聞いたのがその理由だった。猛暑の中、自然に囲まれた環境が心地よかった。アカトンボの番がうまく撮れた。(08/04/2007 茨城下妻小貝川ふれあい公園)

« October 2007 | Main | December 2007 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31