公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« January 2008 | Main | April 2008 »

油絵女性ポートレート第4作・横向きのポーズ

Portrait04ar800_2
 油絵女性ポートレート第4作として、習作「横向きのポーズ」を制作した。最初の下書きの段階で、いかに納得できる形が取れるかが、その後のシャドウ部のデッサン作業(の制作意欲)にうまくつながると本作品を制作しながら実感した。
 現在、この次の作品を制作中だが、必ずしもスムーズには進まないところが今後の課題だ。(02/26/2008 横浜・絵画教室にて制作)

Painterによる習作「年輪」

Nenrin_woman_ar07800
 前作の「油絵による女性ポートレート第3作・老婆習作」と同じモデルを、今度はPainterで、詳細に描いた。老婆の生き生きとした表情と雰囲気がうまく表現でき、これまでになく気に入った作品に仕上がった。
 本作品は、近く開催予定のZAIM FESTA 2008(3/20~30:関内の「旧関東財務局」ビル内でアートNPOが支援して開催される)の中で展示される。(02/26/2008 アートNPOのZAIMによるデジタルアート講座)

連続の受賞を果たした

  とても信じられない思いです。第47回神奈川旺玄展では、4年連続で賞をいただきました。本当に幸運なことです。できすぎだと思います。今後に大きなプレッシャーを感じずにはいられません。新たな葛藤の始まり、これこそが楽しい過程なのだと思います。入選、入賞した2作品を下記に紹介します。
■第46回神奈川旺玄展入選作品
・展示 横浜市民ギャラリー(関内)
・開催期間 2008年2月17日(日)~2月23日(土)

Img_9576ar25_27p100800
(1)「光と影」 (サイズ112cmX162cm、P100号、横長)--入選、入賞(讀賣新聞社賞)作品

Img_9576ar22ar38p100800
(2)「時空を飛ぶ」 (サイズ112cmX162cm、P100号、横長)--入選作品

油絵によるポートレート第3作-老婆

Img_1892ar800
 ポートレートが面白い。形が取れるようになってきた。顔のしわと表情も思いのほかうまく描けたように思った。パソコン上でのPainterで制作すると(自分として)うまくいったと思えるものが、油絵のキャンバスではどうもうまくいかず、何が違うのかと悩む場面が続いていたが、チョッと進歩を感じた。
 次は、上半身や手の表情まで加えるような題材を描いてみたくなった。次から次に、新たな目標が出てくるのは楽しいものだ。(02/07/2008 横浜・絵画教室にて集中制作)

第47回神奈川旺玄展への出品作品を決めた

 第47回神奈川旺玄展(2/17(日)から23(土)まで7日間横浜市民ギャラリーで開催)に出品する作品をようやく決めた。それぞれの作品の思いなどを紹介する。実際の作品を会場で見ていただきたく、ここでの掲載は会期後に予定している。

1.画題: 「時空を飛ぶ」
・大きさ P100(1620x1120) 
・思い ハマ展に出品した「時空トンネル」には、満足感と物足りなさが同居したような感触があった。そこで、今回は全体の構図は生かすものの、光の経路に飛ぶ3羽の鳥を主役に加え、人の列の流れ全体を背景的な位置づけにしてわずかに見える程度にして大幅な修正を試みた。古代から今に至る時の流れを奥行き感でうまく表現できたように思った。

2.画題: 「光と影」
・大きさ P100(1620x1120) 
・思い 今までに作り溜めた手のデッサン、石膏の顔(アポロン)デッサンを生かすべく、いろいろな構図を試行錯誤した。右上方を色のない世界に、左下方には、色のある世界に位置づけ、そこには静物も加えた。チョッとシュールな雰囲気の挑戦的な作品に仕上がったように思えた。画題を決めるのには、結構苦労した。

第47回神奈川旺玄展のご案内

Kanaougen47800
 第47回神奈川旺玄展が、2/17(日)から23(土)まで7日間、横浜市民ギャラリーで開催されます。
 今回は、会友になって初めての出品ということになります。なかなか出品する作品が決められずに、いろいろ迷いました。やっと下記の2点(大きさP100号)の作品ができあがったところです。4年連続の入賞をぜひとも果たしたいところですがどうなりますか。今から緊張感が走ります。搬入日の2/9(土)まであとわずかです。今年はまさに真価が問われる年です。
1. 「時空を飛ぶ」   (サイズP100、1620X1120)
2. 「光と影」    (サイズP100、1620X1120)
 お時間がありましたらJR関内駅前にある横浜市民ギャラリーにご来場いただけるとうれしいです。

« January 2008 | Main | April 2008 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31