公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« July 2009 | Main | September 2009 »

湧き上がる希望

_20090824800

 この作品のタイトルを考えるのには少し時間を要した。中心から湧き上がるのか、中心に引き込まれるのか。引き込まれるとするともっと中心に直線的、螺旋的な形状になるはずだ。
 では、何が湧き上がって見えるのだろうか。(08/27/2009 3DCG素材を組合わせた作品制作)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

波間に漂う

2_20090824800

 タイトルがなかなか思い浮かばなかった。波のようにも見える。流れのようにも見える。結構、見ていて飽きない模様になっているような気がした。(08/27/2009 3DCG素材を組合わせた作品)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

思い切った組み合わせ

_20090823800

 実は、これはフラクタル・ジェネレーターから切り取った模様の一つ。今後もいろいろな活用が考えられそう。(08/23/2009 立体的なCGにモダンな模様を組み合わせた)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

古い石畳を作った

444000_20090822800

 いや「古い石畳のようになった」、という方が正しい。ヨーロッパの古い街の石畳が想い起こされてきた。年月を積み重ね、真新しいもの、磨耗して凹んでいるもの、レンガあり、石ありで、いろいろ入り混じったような雰囲気がでた。(08/23/2009 立体的なCGで作った世界)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


落書きされた壁

424000_20090822800

 落書きされた壁を見るとなぜかホッとさせられるような気分になる。文化財にとっては落書きは大変な脅威のようだが、その時々で、いろいろな思い出が詰まった落書きなのかも知れない。
 アートの世界が全て落書きというわけではもちろんないが、命を燃え尽くすまで真剣に取り掛かるアートもあれば、チョッといたずらしてみる気軽なアートまで、幅があったほうがずっと面白い。(08/22/2009 3DCGでレンガの壁を作った)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

崩れたベルリンの壁

44000_20090821800

 あの時は、とても信じられなかった。まさか2つの世界を隔てたあの分厚い壁が崩されるとは。
 当時、ちょうどアメリカで建設プロジェクトに従事していて、ニュースでこのことを知った。絶対的だと思われていた東西世界の対立がこんなにもあっけなく崩れ去るとは想像だにしていなかった。自分が知らないところでいろいろ前兆的なでき事があったのだろうに、情報が知らされていないということの恐ろしさも一方で感じたものだった。
 この作品を見ながら、そんなことに思いを馳せた。(08/22/2009 3DCGで構築したレンガの壁)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

レンガの壁に石壁が融合

24000_20090821800

 規則的に配列されたレンガに不規則な石壁の質感を組み合わせるのもいいものだと思った。どの部分を切り取っても作為的な感覚がないことで、不思議とホッとさせてくれるような雰囲気がある。
 よく、アナログ感が人に温かみ感じさせるというが、そうなのかもしれない。(08/21/2009 3D-CGコラージュの世界で創造)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「膨張」--動きを感じさせるコラージュ

34000_20090821800

 立体コラージュを模索する中で制作した作品の一つ。アメーバみたいな形状が結構動きを感じさせる効果をもたらす。外側に向けての動きが、膨張しているようなイメージを広げてくれる。
 色合いもたまたまではあるが、とても気に入ったものになった。(08/21/2009 3D-CGコラージュで想像の世界)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

ジャングルの向こうに何が見える

53000_20090804800

 3D-CGで感じる面白さの一つは、実際に思いもよらない模様や想像の世界を描くことができることにあると思う。でき上がった情景にさらに想像を膨らませて変更を加えて行くこともできる。
 この作品では、背景に奥行き感をもたせるようなもの、例えば光のグラジエントや影の構成、視線を集める人の影などを配置したらどうなるか、などといろいろ考えてみた。それも面白いかもしれない。(08/18/2009 3D-CGで想像の世界を膨らませる )

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


壁にあるバルコニー

723000_200900817800

 特に意図があるわけはないのだが、壁にトルソを配置してみたくなった。そこに立体物を重ねてみたくなった。そこに格子模様の影を配置してみたくなった。
 3次元空間で作るコラージュ模様だけでも結構面白い。トルソーのあるバルコニーが壁一面にランダムに配置されるのも面白そうだ。(08/18/2009 古代の壁を想像して)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


久しぶりに満足レベルの模様作品

3000_20090805800

 リトグラフ上では解墨(ときずみ)をいろいろな溶媒と組み合わせることで独特の質感を表現できることがある。それはとても神秘的で、これは一体どのように描いたのかと思わせる。
 3D-CG上でもレンダリングの解像度を上げれば、いろいろな質感を表現できるはずだと考え、等高線を精細に立体オブジェに貼り付けてみた。リトグラフにははるかに及ばないものの、意外性を感じさせてくれる面白い質感が作れた。(08/13/2009 3D-CGは新しい模様のジェネレータ)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

面白さの探索

2_20090812800

 森の木々の隙間からのぞく向こうの世界は何だろう。光まぶしい炎天下の世界なのか、それとも、深い霧に覆われた世界なのか。そんなことを想像させる模様の世界が出来上がった。
 3D-CGで、地形模様の上に等高線を張り合わせ、レンダリング画像(立体の世界から鳥瞰図を切り取った平面画像)を、リトグラフに写真製版し、さらに刷りをデジタルに取り込み加工した。なぜ、こんな面倒なことを?一言で言えば、面白さの探索。隙間の向こうにあるのは、まだ見たことない面白さかも知れない。(08/13/2009 版画工房OMで制作したリトグラフ)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


「セーフティー・ネット」

53000_20090801800

 このところ、局地的な豪雨による被害が頻発しているが、都会に住むものにとっても、とても人ごととは思えない。増水した川に流されるなどと想像するだけでも身震いするような恐怖感に襲われてしまう。激流の上には、いつでも手を伸ばせばつかめるような浮き輪があるといい。(08/12/2009 3D-CGの世界で)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


立体格子模様

44000_20090812800

 3次元の世界で3次元だからこその機能(地形のジェネレータや陰の操作など)を利用して、平面的なコラージュを中心に作成してきた。それはそれで大変面白いのだが、さらに立体オブジェをうまく活用して、立体コラージュができれば、さらに作品作りが面白くなる。(08/12/2009 3D-CGの世界で試行錯誤する)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


「時の流れ」

3800_2

 3次元CGの世界の中で、イメージの想像(創造?)を出発点にしたコラージュの制作を試みた。その過程は、形状を、イメージをもとに変更していく作業と、質感とその組み合わせを、イメージに近づけるよう変更していく作業になった。出来上がった結果で、最初に設定したイメージを変更することもあった。
 その結果として、「時の流れ」のイメージが出来上がった。(パソコンで地形的な形状を創造する)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

混沌の中で

800

 最近の作品群を見てくれたある友人に、「ダダイズム的」と評されたことがあった。何を評してダダイズムなのかとても気になったものだ。戦後すぐにアメリカで、ジャンク・アートと評されながらも、その後の抽象表現的な現代アートに大きな影響を与えた「ネオダダ」を思い浮かべた。
 パソコンの中にある仮想3次元の世界で制作する立体的なコラージュが、ヒョッとすると今までの既成のアート概念を打ち破る新しいアートの可能性を提示してくれるのではないかなどと考えた。(パソコンの中の仮想3次元の世界)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

« July 2009 | Main | September 2009 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31