公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« October 2009 | Main | December 2009 »

作品「再登場」がハマ展で受賞しました

 ハマ展に応募した2作品のうち、「再登場」が「画路」賞を受賞しました。
 ハマ展は、神奈川県で最大規模の公募美術展で、レベルの高さには定評があるだけに、うれしい初受賞です。
 今回は4度目の作品応募で、過去3度入選していますが、今までは確かな手応えがなく、ぬかにくぎというような気持ちでいました。具象の油絵が中心の本展で、デジタル作品は最初から同じ土俵では評価されないのでは、などと思いながら、空しい挑戦状を突きつけて来たような気持ちでいました。それも杞憂だったのかも知れません。
 今まで乗り越えられなかった壁を一つクリアしたような気分です。おごることなく、これを機にさらにいい作品を作っていかねばと心を新たにしました。

■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク
 

ハマ展への応募作品 『再登場』

65_p100_800

 先の悠美会展での小品「興」を大作にアレンジし、前景に変化をつけて再構成し直した。前作 『瀬戸際』が、アリ地獄に沈み行く都市社会を象徴した作品だとすると、本作は、混沌の中から、わずかではあるが遥か向こうに明るさの兆しが見えてきた、というような情景を表現したいと思った。都市社会の象徴として自由の女神の再登場願い、視点の移動を前景から後景に至るように構成した。 (第65回ハマ展への応募2作品のうちの一つ)
 
 ・サイズ: P100横 (H112cm X W162cm)
 ・キャンバス地へのプリント

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


ハマ展への応募作品 『瀬戸際』

65_f100_800

 昨日と今日が第65回ハマ展の作品搬入日。先の悠美会展での小品「没」を大作にアレンジし直した。アリ地獄に地すべりがごとく都市社会がまさに吸い込まれようとしている。そんな情景をダイナミックに表現できたら面白いと考えた。都市社会の象徴としてNYにある自由の女神を構成の中心に据え、インパクトのある構図をねらった。 (第65回ハマ展への応募2作品のうちの一つ)

 
 ・サイズ: F100縦 (H162cm X W130cm)
 ・キャンバス地へのプリント

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

アゴラ・ギャラリーの季刊誌最新号に紹介された

 代理契約を結んでいるアゴラ・ギャラリーが年2回発行する季刊誌ARTisSpectrum(左)の最新号(Vol.22 Nov.2009)に、1ページにわたり当方の2作品と紹介記事が掲載されたので紹介します。
 英文の内容は、キュレータが記述したコレクター向けの非常に難解な文章です。もっと平易な文章を求めたのですが諦めました。要は、「作者Dan OBANAは、Digital HANGAを提唱する中で求め続けたのは、アナログとデジタル、平面と立体の融合への挑戦だ。版画やドローイングなどの従来技法をも取り入れて、最新デジタル技法の先進性を重ね合わせることで新しい形の現代アートを構築しつつあるのではないか。」

Agoraartspecnov

■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


ハマ展のご案内

 第65回ハマ展( 横浜美術協会主催)が、11/22(日)~12/3(木)に下記のように開催されますのでご案内します。ご都合が許せば、ぜひご来場いただきたいと思います。事前にメール等でご連絡をいただければ、会場をご案内したいと思います。
 今回の応募はこれで4度目。応募作品は下記2作品で、このブログで順次紹介してゆきます。
・「瀬戸際」 サイズF100縦(162cmH X 130cmW)
・「再登場」 サイズP100横(112cmH X 162cmW)
 入選が決まれば、会場に展示されることになります。

Dm1000_20091113
(横浜美術協会ホームページ http://hamaten.jp/より転載)

■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


ミケランジェロ「死にゆく奴隷」

Mic503_800

 もの憂げな男の表情を描いた。いつも適切にアドバイスをくれる知人によれば、ミケランジェロの彫刻作品「死にゆく奴隷」を思い起こさせられたと言う。そう言われると、永遠の眠りに身を任せているような、そんな表情に見えてきた。
 今までにはないポップ・アート的な作品が仕上がった。

 ■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

物思いにふける人

8ar02_800

 前作(10/11付け)にさらにテクスチャーを組み合わせるなどして再アレンジした。顔の表情があからさまに見えない方が、想像が膨らんでくるのが面白い。女か、男か。美人か、美男か。(11/01/2009 自宅PCのCG制作スタジオにて)

 ■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

斜に構えた女(2)

306_800

 前作を、さらにアレンジし、コラージュを重ね、さらに目の表情をはっきり表現した。これにより作品としてはより面白さが出てきたように思った。これらのシリーズをもう少し追求するのも面白い。(ドローイング作品を再度アレンジ 11/01/2009)

 ■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

« October 2009 | Main | December 2009 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31