公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« November 2009 | Main | January 2010 »

ああ!どうしよう

Aiar04_800_4

顔作品シリーズの作品の一つ。今後の、顔作品は、表情の豊かさと、色のインパクトをポイントに、小品ながらも強いインパクトのある作品を目指そうと考えているが、今回のこの作品も、どうも地味な作品になりがちになる。なかなか原色と派手な色合いを使うのは勇気のいることだ。(12/17/2009 自宅PCにあるCG制作スタジオにて)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

たまには笑顔で

Aiar_800

 先週、無事に「第1回デジタルアートX展」(銀座ギャルリー志門)が終了した。ベテラン作家のグループ展ということもあり、入場者は会期を通じて350名程度だったかと思う。来訪者に知人が多かったこともあり、会場にいた5日間は、ほとんど暇になることはなかった。
 当方が出品した3作品については、自分として納得の挑戦的な作品だったにもかかわらず、鑑賞者にはインパクトの強さが今一つだったような感じがする。構図と「色の響き」に影が薄かったのかも知れない。次回には、この反省点を生かしたい。
 さて、来年の2月に、小品を12点ほど展示する渋谷カフェ・ド・モミュでの個展が決まったので、顔作品シリーズで、今までの近作に多少の新作を加えて準備を開始することにした。本作は、その候補作品の一つ。(12/17/2009 自宅PCにある制作スタジオにて)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

デジタルアートX展作品「ジェラシー」

X_02a4_300dpi_800

 来週(12/7)から銀座画廊「ギャルリー志門」 で開催するデジタルアートX展に出品する作品の一つ「ジェラシー」。
 横目で何かをじっと見つめる女がいる。羨望の眼差しか、怒りに打ち震える眼差しか、嫉妬に燃える眼差しか。観ていただく鑑賞者の見方に委ねよう。
 以前の気に入った雰囲気の作品をアレンジした。

 作品サイズ: A4(210mmW X 297mmH)
 メディア: 伊勢和紙(アイボリー地)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


デジタルアートX展作品「グローリー」

X_a1_150dpi_800_2

 来週(12/7)から銀座画廊「ギャルリー志門」 で開催するデジタルアートX展に出品する作品の一つ「グローリー」。
 かつての栄光に思いを馳せているかのような空ろな目つきのかつてのヒーローが並ぶ。その向こうにはかつての情景が行き来している、そんなイメージを思い浮かべながら制作した。何か、自分に重なる部分がありそうな。
 作品サイズ: A1(594mmW X 841mmH)
 メディア: 和紙(黄色地)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

デジタルアートX展作品「デジャブー」

X_a1_150dpi_800

 来週(12/7)から銀座画廊「ギャルリー志門」 で開催するデジタルアートX展に出品する作品の一つ「デジャブー」。
 未経験の事柄を、あたかも経験したかのように錯覚して記憶することがデジャブーの意味。幼少時のおぼろげな記憶や、夢に出現した世紀末の恐ろしい情景の記憶などの中に、確かにありそうな気がする。
 画面の女の空ろな視線の先に見えるのは、都会のビル群が地割れに飲み込まれようとしている世紀末の情景。それは、永遠にデジャブーであってほしい、永遠に錯覚であってほしい。最近の深刻な異常気象のニュースを聞くにつけ、そんな思いが強くなってくる。
 作品サイズ: A1(594mmW X 841mmH)
 メディア: 和紙(黄色地)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


« November 2009 | Main | January 2010 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31