公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« July 2010 | Main | September 2010 »

「発想の源」

_ar800_20100830

 先のデジタル・デイ展(グループ展)では、「名前のない島々」と題した幅3mの横断幕のような作品を展示した。かなりの手応えが感じられて、大きな収穫があったと思っている。「作品の完成度はともかくも、今後の可能性を感じる作品」と数人の方からコメントしていただいたことは、今後の励みになりそうだ。。
 ここのところは、次に制作を考えている垂れ幕作品の素材を積み重ねることに集中している。自分としては素材のできばえに必ずしも納得度が高いわけではないのだが、素材単独でも作品として納得できるものを幾つかピックアップしてブログにアップすることにした。
 この「発想の源」は、頭の中で作品のアイデアを試行錯誤している様を、動物の出入りで表現してみようと考えた。何となく象がのっそりと出入りする様が似合うような気がした。次から次にアイデアが湧いてくる芸術家がいるとすればうらやましい限りだ。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


「名前のない島々」---デジタル・デイ展作品

21_800_20100729_2
「名前のない島々」(部分左)

22_800_20100729
「名前のない島々」(部分右)

 先にご案内したデジタル・デイ展2010で、各々の作家に与えられたスペースは、壁面の幅で3.6m。前回までは、縦A1サイズ作品を横に5枚並べてきたのだが、今回は、デジタル・アート作品の”見せ方の工夫”に自分としての新しい試みを加えたいと考え、第一弾として横断幕方式を始めて制作することにした。展示スペースをできるだけ最大限に使うことを目標とした。
 さて、実際に取り掛かってみると、いろいろな制約が立ちはだかることが分かってきた。テーマと構成がなかなか難しい。最近作りためた版画的な素材作品をいろいろと組み合わせることを考え、いろいろと試行錯誤したが納得の構成が出来上がらない。メディアの選定、展示方法についても、3DCGツールなどの解像度の制約についても今までとは全く違っていた。
 *第5回デジタル・デイ展2010作品
・会場:世田谷文化生活情報センター(三軒茶屋) キャロットタワー4階 生活工房ギャラリー 
・会期:2010年8月10日(火)~15日(日) 11:00~18:00
・画題  「名前にない島々」 
・サイズと展示方法 W314cm X H92cm、キャンバス・クロスにプリントし、上下に金属パイプを取り付け、紐で吊るすことにした。
・思い 仮想宇宙空間に、名前のない島々が浮かんでいた。それぞれには、島の守護神が島の安全を見守っている。それぞれには、それぞれの島の住人がいる。時々、化石化した恐竜が漂っている。そんなあり得ない幻想の世界を面白く描けたらと思った。鑑賞者に想像を広げてもらえればとてもうれしい。完成度、納得度を上げるのはこれからだ。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

動物の行進

800_20100801

 最近制作した動物と質感の組み合わせを試行錯誤した作品の中からもう一つ。
 POSERで生成できるいろいろな姿勢のオブジェがたいへん面白い。本作品では、幾つかの象のオブジェを主に構成してみたが、今後の素材としての発展を感じさせられた。(08/05/2010 3DCG素材で構成した動物オブジェの世界をさらに試行錯誤)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「檻の外側」---デジタル・デイ展共通テーマ作品

800_a1_150dpi_5dd_20100728

 先にご案内したデジタル・デイ展2010に向けた共通テーマ「キューブ」(立方体)を意識した3DCG作品。立方体をたくさん組み合わせた作品などいろいろと試行錯誤したが定まらず、たどり着いたのが立方体の檻(おり)。檻で隔てられている世界は、「共存している」ようでいてやっぱり別の異世界なんだろうな、などと考えながら・・・。
 主に人体フィギュアを生成することを得意とするPOSERから生成した幾つかの動物と質感を組み合わせた。オブジェの造形とユニークな質感が予想外に面白さがあった。今後いろいろと使い道がありそうだ。(サイズA1)

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

« July 2010 | Main | September 2010 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31