公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« September 2010 | Main | November 2010 »

デジタル・アートⅩ展のご案内

Xdm1000_20101021

Xdm1500_20101021

 本展は2008年に「デジタルによる版9人展」(銀座/画廊るたん)を開催したことを契機として同年5月に創立・発足した「日本デジタルアート協会」の主催による第2回の展覧会です。当方は、創設会員の一人として参加しています。
 いろいろなジャンルで意欲的なベテラン作家が集い、各人各様のデジタル・アートを発表することにしています。皆様にはぜひご来場いただきたく、ご案内します。
 当方は、タペストリー(垂幕)方式の島シリーズ第2弾の作品を準備中です。会場の高さぎりぎりに、2.5m程度の作品をイメージしています。

■会場:シロタ画廊 〒104-0061 東京都中央区銀座7-10-8 TEL:03-3572-7971
■アクセス:銀座 松坂屋の裏の通りに面し、1ブロック新橋寄り。有楽町、銀座、東銀座から数分程度。
■会期:2010年12月13日(月)~18日(土) 11:00~19:00 (最終日17:00まで)
■参加作家(敬称略): 越前和代 太田策司 岡本光弘 小花春夫 神田和也 國井秀和 佐々順子 澤田泰彦 鈴木朝潮 たかしたかこ 豊田素子 藤田和人 星野美智子 真木欣一
 (以上14名の旬なアーティストが集います。)  

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「変節」---悠美会展作品4

__800_20101017_2

*第35回記念悠美会展(油絵中心のグループ展)作品
・会場:銀座ギャラリー 「サロン・ド・ジー」 中央区銀座6-4-6 646ビル9F 
・会期:10/18(月)~23(土) AM11:00~PM7:00(初日PM2:00より、最終日は、PM4:00まで)
・画題  「変節」 
・サイズ A4横 (W297mm X H210mm)
・思い 前作「島が廃墟になる」を再度、磐石なはずの屋台骨が知らぬ間に危うくなってきている今の状況を見るにつけ、この国の将来は本当に大丈夫なのだろうかと。最近は、憂いを抱かざるを得ないそんな状況が多すぎやしないかと思う。こんなに何でも簡単に「変節」してしまうような状況があっていいものだろうか。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「発想」---悠美会展作品3

__800_20101017

*第35回記念悠美会展(油絵中心のグループ展)作品
・会場:銀座ギャラリー 「サロン・ド・ジー」 中央区銀座6-4-6 646ビル9F 
・会期:10/18(月)~23(土) AM11:00~PM7:00(初日PM2:00より、最終日は、PM4:00まで)
・画題  「発想」 
・サイズ A4縦 (W210mm X H297mm)
・思い 前作「発想の源」を再度、アレンジした。頭の中で作品のアイデアを試行錯誤している様を、動物の出入りで表現してみようと考えた。何となく象がのっそりと出入りする様がなかなか納得の発想にたどり着かないもどかしい状況に似合うような気がした。次から次にアイデアが湧いてくる芸術家がいるとすればうらやましい限りだ。何の動物に例えられるのだろうか。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

一瞬のテレビ画像の中に信じられない偶然があった

Img_0696ar_800

 この画像は、テレビ画像をデジカメでキャプチャーしたものだ。右側半分の7枚の作品が「優秀作品」で、当方の作品が下段右から2番目にある。
 実は、中央の作品をのぞき込んでいる人物は、最近グループ展などでご一緒しもっとも親しく情報交換して新しい活動を模索するなどしている友人なのだ。この一瞬のタイミングに重なるとは、何という偶然なのだろう。
 
■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


ASIAGRAPH 2010 in Tokyoが今夜テレビ放映される

 ASIAGRAPH 2010 in Tokyoの事務局から下記の連絡が来た。当方の作品がテレビに映されるのかどうか、見守りたい。
 当方は、昨日会場を訪れて雰囲気を感じてきたが、昨年の会場が科学未来館の3階のコーナーで、客足がまばらだったのに比べ、今年は、1階のデジタルコンテンツEXPO2010のメイン会場の中心部にあり、全ての作品群がまとまっていたので多くの観客の目に触れる期待が十分にある。

---------------------------------------------------
ASIAGRAPH 2010 in Tokyoが昨日開幕いたしました。
CGアートギャラリーにも初日から多くのお客様にご来場いただき、
大変ご好評をいただいております。
特に本日は、テレビ局の取材を受けることになっております。
展示の様子や作家のインタビューが、今夜、下記の番組で放映
されますので、是非ご覧ください!
---------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●番組名:フジテレビ LIVE2010ニュースJAPAN
      集結アジアの感性…最前線
 ●放映日時:2010年10月15日(金) 23:58~翌0:23
 ●番組オフィシャルホームページ:
   http://www.fujitv.co.jp/nj/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

ASIAGRAPH2010 in Tokyoのフライヤー

Asiagraph1000_20101012

Asiagraph1000_20101012_2

 ASIAGRAPHの事務局からフライヤーをいただいたのでここに掲載させていただく。
 今週、10/14(木)からお台場の日本科学未来館で開催されるASIAGRAPH2010 in Tokyoで、「優秀作品」がどのように展示されるのか楽しみだ。また、昨年は、国内外からの招待作家によるイラスト作品に目を見張ったのを鮮明に記憶しているが、今年はどんなすばらしいイラストを見ることができるのだろう。当方の創作意欲を大いに刺激してくれそうな予感がする。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク
 

「受難」---悠美会展作品2

_2800_20101011

*第35回記念悠美会展(油絵中心のグループ展)作品
・会場:銀座ギャラリー 「サロン・ド・ジー」 中央区銀座6-4-6 646ビル9F 
・会期:10/18(月)~23(土) AM11:00~PM7:00(初日PM2:00より、最終日は、PM4:00まで)
・画題  「受難」 
・サイズ 20F横 (W727mm X H606mm)
・思い 作品「潜在意識」以来、「奇妙な顔オブジェ」の配置を流れや動きの中で構成していくことをいろいろと試行錯誤してきたが、なかなか納得する作品ができなかった。動物の動きと組み合わせることを思い立ったことでこの納得作品につながった。これから、「ある島」の受難の時代が始まりそうな予感がしないか。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


「休息」---悠美会展作品1

_800_20101010

 第35回悠美会展では、20F号の縦と横の2作品と小品を2作品を出品することにした。何とか間に合ったという安堵感がある。ただその次に控えるハマ展とデジタル・アートX展のことを考えるとまだまだ年内は気が抜けない。

*第35回記念悠美会展(油絵中心のグループ展)作品
・会場:銀座ギャラリー 「サロン・ド・ジー」 中央区銀座6-4-6 646ビル9F 
・会期:10/18(月)~23(土) AM11:00~PM7:00(初日PM2:00より、最終日は、PM4:00まで)
・画題  「休息」 
・サイズ 20F縦 (W606mm X H727mm)
・思い 「奇妙な顔オブジェ」の配置をいろいろと試行錯誤し、思い掛けないイメージの出現を探し続けた。チョッと納得した作品ができた安堵感が、「休息」につながった。頭の上でくつろいでいる象の群れも「休息」しているのでは。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

落選の次には朗報---ASIAGRAPH2010で「優秀作品」に選ばれた

 ASIAGRAPH2010 CGアートギャラリー公募展示部門に最近制作した作品3点を応募した。その結果、「潜在意識」が、優秀作品に選定され、会場に展示されることが決まった。昨年の準入選に引き続いてとてもうれしい結果になった。今まであまり縁がなく、立ち位置がかなり違うCGイラストの世界で高い評価いただけたことに自分なりの価値を感じている。
  ASIAGRAPH(アジアグラフ)は、『アジア独自の多様な文化と、科学と芸術の融合が生み出すアジア独自の優れたデジタルコンテンツを更に発展させるために、世界の第一線で活躍するアジアの研究者とクリエイターが集い、先端技術の発表や作品の展示を行う、学術・芸術・展示が一体となった総合イベント』(HPから転載)。昨年は思いがけない出会いが幾つかあり、世界は意外と狭いものと思うと同時に、いろいろと行動してみるのもいいものだと思ったりもした。今年も、レセプション・パーティー(16(土))で新しい出会いがあるのではないか。

■イベント名: ASIAGRAPH2010 in Tokyo
■会期: 10/14(木)~17(日) 10:00〜17:00 (14日のみ13:00開館) 
■会場: お台場 日本科学未来館
■主催:ASIAGRAPH2010は、経済産業省と財団法人デジタルコンテンツ協会が主催する「デジタルコンテンツEXPO2010」の一環 として開催される。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

« September 2010 | Main | November 2010 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31