公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« April 2011 | Main | June 2011 »

「パウル・クレーな人々」

3000ar3800

 この作品のタイトルを考えながら見入っていたら、こんなタイトルが思い浮かんだ。
 前にも記述したのだが、3DCGモデルを造形の発生器として考えると実に面白い。表現の無限の可能性が広がってくる。こんな面白いツールを使わない手はないとさえ思ってしまう。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


「時の流れ」

43000ar2800

 2つの顔をモチーフにして時計の文字盤と組み合わせた。仮想空間では古代から未来に向けてどんな時間が流れているのだろうか、などとたわいないことを考えながら画題を模索していた。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


「マシン・マン・インターフェイス」

Victoria5800

 何となく理由もなくこんなタイトルが浮かんだ。人が機械を操作するために本来あるものだが、どうも、人が機械に使われてしまっているような状況がありはしないか。震災による原発事故の状況が毎日のように新聞の一面を占有している状況を見るにつけ、そんな気になってしまう。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「背中合わせ」

Victoria4800

 ある大先輩に素晴らしいアドバイスをいただいた。現代アートの流れは、心象などの見えないもの、形のないものをいかに造形を使って表現するか、また目に見えるものであってもそれをただ写し取るだけではなく、キュビズムのようにいろいろな工夫を加えて作者の独自の表現スタイルを広げていくか、の歴史をたどったように思える。せっかく3DCGを駆使しようとするのであれば、単に仮想空間を写し取るだけでは面白くない。先人がたどった厳しい模索の道のりを3DCGの世界で見直ししてみたらどうか、と。
 早速、本屋で「視覚のトリック」という題名の本を買い込んだ。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「二律背反」

Victoria3800

 何となくそんな言葉が思い浮かんだ。
 「意識」と「無意識」の間には「半意識」、「潜在意識」の領域がある。「現実」と「幻想」の間には「超現実」がある。それらには、明確な境目がなく、その領域はあいまい、不明確で、ふと、自分がどこに立っているのか、夢を見ているのか現実なのか、よくわからなくなる一瞬がある。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「鑑賞する人々」

2800

 興奮の内に旺玄展の会期が終了した。会期9日間で、約8000人の入場者が、当方の作品「宙(そら)の彼方」を見てくれたことになる。それでも、およそ半分の人は作品の前をほとんど通り過ぎるかのようにも見えた。一方、じっと作品をなめ回すかのように見つめてしばらく作品を離れようとしない人も何人かいた。作者としてはほんとうにうれしいものだ。こんな見方をしていただけるとは。
 「こんな作品を今まで見たことがない。これは一体どのように作るのでしょうか。」そんな質問に何度か応えた。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「この国はどこに向かっているのか」

Victoria154000ar4800

 何となくうつむき加減の人の行列を、人体モデルに質感を組み合わせることで作ってみた。それぞれのモデルの表情を変えることで動きを表現した。
 課題が山積みで、出口の見えない行き詰まり感があった状況に、さらに大震災がダメ押しのごとく覆いかぶさったような感じがする。こんな重苦しさを感じるのは小生だけなのだろうか。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


足の動きの表情の追求

Victoria14800

 足の表情の追求がとても面白い。顔や手の表情が見えないだけに、からだ全体の表情を想像させるという効果があるのだろう。また、思った以上に、足が雄弁にものを言っているようにも思えてくる。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「足はものを言う」

Miki3800_20110503

 女体モデルによるアートの発生器を実際に試してみた。いろいろな表情を作った足の造形を組み合わせると、脚の不思議な情景が出来上がった。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

女体モデルはアートの発生器

Miki132800_20110503

 女体の3DCGモデルは、思いがかない造形シーンを高い頻度で発生してくれる、まさにアートの発生器である。この作品は、そのことを確信させてくれた。
 女体の曲面にいろいろな質感やパターンをマッピングすると、予想もしないような造形を創り出せることは、前々から経験していた。だが、ここまでの感覚を揺さぶられるとはうれしい予想外だった。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

« April 2011 | Main | June 2011 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31