公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« May 2011 | Main | July 2011 »

「祈る人々」No.1

800_20110623

 人の英知を集めさえすれば、自然を意のままに制御することが出来ると今までは誰もが信じてきた。その行き過ぎた驕りに警鐘が鳴らされているのだろうか。
 自然の災害だけではない。大腸菌による食中毒、鳥インフルエンザなどの脅威にいつさらされるか分からない。自分の運命を信じ、それに委ねていくことしか思い当たらないが。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク

「沈黙を守る人々」No.2

2800_20110621

 デジタル・アートを志す作家にとって、作家どうしがいろいろな関わり合いを持ち、影響しあうことが特に重要なことだ。そういうことを通じて、デジタル・アートの捉え方がブラッシュアップされ、自分の目指すべき姿がおぼろげながら見えてくることになる。
 作家としての感性とスキルを高めるためにも、勇気を奮って人との関わりを求めていく必要があるのかもしれない。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク

「沈黙を守る人々」No.1

800_20110621

 他の作家の作品にコメントすることほど難しく、悩むことが多いものだ。特に、作家仲間の場合にそうだ。人となりが分かってくれば、どう受け取ってもらえるのかがある程度読めてくる。お付き合いを初めてまだ間もない時には、しばらくだんまりを決め込むことになる。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク

「人生模様」

3800_20110621_2

 人それぞれの人生が違う。張り付く質感が同様でも、その発現の仕方は、千差万別。見方の角度を変えれば全く異なって見える。だからこそ面白い。もっともっと個性的な「人生模様」にしたいものだ。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク

「懲りない人々」No.2

3800_20110621

 この作品をじっと見つめていると、どこかの国の、不毛な政治状況と、それにやり切れなさを感じつつも打つ手が見い出せない不幸な民衆が思い起こされてくる。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「懲りない人々」No.1

800_20110621

 これからいくつか控えているグループ展への出品作品に人体モデルと質感の表情を追求した。。横断幕的な作品や、垂れ幕的な作品へ展開する素材作品として幾つかの習作が出来た。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


多彩な表情と質感の追究

44000ar3800

 人体モデルの表情と質感の組合せを多様に追究した。素材としては限りなく面白い。一方、どういうテーマに組み合わせるかがなかなか難しい。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

手の表情が作品素材になる

144000ar3800

 これも手のモデルを使ったデザイン的な作品の一つ。人体モデルのパーツをデザイン模様の発生器にする可能性の一端が感じられないだろうか。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「会話」

53000ar800

 手のモデルを使ってデザイン的な素材を模索している中で出会った作品。何となく、手の「会話」というキーワードを思い立った。人体モデルのパーツがデザイン素材や絵画素材に汎用に使えると感じた一瞬だった。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「宙(そら)の彼方」--高知国際版画展入選作品

_800

 今日(2011/06/04)、第8回高知国際版画トリエンナーレの入選通知が届いた。初めての国際版画展への入選でとてもうれしい結果である。今回は応募作品点数が1,580点で、そのうち入選は181点であった。前回は3千点以上の応募があったのだが、今回は震災の影響でか、海外からの応募が大幅に減ったという。いずれにしろ、かなりの狭き門を突破したには変わりはないので今後の励みになることは間違いない。
 因みに、「高知国際版画トリエンナーレ」は、3年に1回、土佐和紙の普及を目的に高知県で開催されてきた国際版画展で、ポーランド・クラクフ国際版画ビエンナーレとスロヴェニア・リュブリャナ国際版画ビエンナーレと並ぶ最もレベルの高い国際版画展の一つに位置付けられている。
 
*第8回高知国際版画トリエンナーレ展入選作品
・会場:いの町紙の博物館(高知県) 
・会期:2011年10月8日(土)~11月20日(日)
・画題  「宙(そら)の彼方」 
・サイズ H1000mm x W864mm
・思い 「名前のない島」シリーズに連なる作品をモノクロで制作した。とある宇宙空間に浮かぶ守護神に守られた島々の表情を多様に表現したいと考えた。そこには、島それぞれの固有の文化や環境があり、人類や動物が生息しており、それぞれの生活圏を育んでいる、というような情景をイメージした。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


「エルンストな人々」

44000ar2800

 現代アートにコラージュを一つの技法として初めて持ち込んだのがシュルリアリストのマックス・エルンストだという。コラージュ的な作品を制作しながらそんな思いが浮かんだ。
 デジタル・アートの制作上の面白さが、いろいろな素材や構成の組み合わせの意外性や偶然を効率的にシミュレートできることと考えると、コラージュと多くの共通点があると思える。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「無意識下での思考」

24000ar2800

 最近の大きな関心事である。発想が突然湧くとか、いいアイデアが出るとはどういう時にどのようにして起こるのだろうか。
 いつも思いつめたところでいい発想が湧いてくるとは限らない。ぼっとしていたり、全く別の事をやっていて突然に「そうか!確かに、そうだよな!」などと思い立ったりすることがある。最近はちょっと気分転換が足りなかったのか。そうだよな!

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「写楽な人々」

4000ar5800

 先日、上野で写楽の浮世絵展覧会を観てきた。写楽が活躍したたった10か月間の内の初期の作品が、やはりいい。役者のダイナミックな立ち振る舞いがよく表現されていると思った。
 その展覧会に、写楽作ではなかったようだが、役者がそろい踏みした浮世絵があった。そんなシーンが思い出されてきた。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「気にかかる足がある」

Miki43000ar2800

 POSERから取り出した3DCGの人体モデルは大したものだ。足の表情を一つ取ってみてもとても魅力的だ。アートの題材としても十分な面白さがある。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

« May 2011 | Main | July 2011 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31