公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« June 2011 | Main | September 2011 »

都会の賑わい-朝昼夕-デジタルデイ展作品

_61500_20110724

 第6回デジタル・デイ(Digital Day)展2011への出品作品をご紹介する。11月の個展会場に展示するタペストリー作品(高さ4m程度のものを想定)の制作を意識して、当初は、H300cm X W150cmの作品を2枚考えたが、これだけのサイズものをプリントするいい環境がなくサイズダウンした。早急に解決すべき今後の課題である。

■画題: 「都会の賑わい-朝昼夕-」
■思い: 都会の喧騒を3DCGモデルとテクスチャーの組合せでシュールな雰囲気で表現できないかと考えた。3作品がそれぞれの都会の表情を持ちながら、全体としても変化のある都会の表情が出せないものかといろいろと試行錯誤した。
■大きさ: 垂れ幕作品(H200cm X W100cm)、3枚からなるタペストリー作品
■会期: 2011年8月9日(火)~14日(日) 開場時間:11:00~19:00
■会場: 三軒茶屋キャロットタワー4階 生活工房ギャラリー
電話:03-5432-1543 住所:東京都世田谷区太子堂4-1-1 

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


自信を持ってお勧めできる作品集が出来ました

800_20110715

800

 アート制作に掛かって約10年の節目の今年11月に個展(*)を開催する運びです。その宣伝もあって、今まで作りためた作品を作品集にまとめることに思い至りました。お陰様で、100作品を収録する皆様に自信をもってお勧めできる作品集が出来ました。ここにご紹介させていただきたいと思います。
 さて、いざ自分の作品を整理しまとめの作業に入ってみるとたいへん骨の折れる作業の連続でした。一方、今までの制作過程を振り返ることは自分の棚卸しそのものであり、今後のステップにつながるとても有意義な時間になったと思っています。
 これからの限りある時間を、私の表現手法としてのデジタル技法をさらに磨いて、新しい感覚のアートを目指して行きたいと改めて思っている次第です。

■作品集の題名:
小花春夫「旬なデジタル版画」作品集―今そして未来を見つめる―
Emerging Digital Art Works of Haruo Obana ‘Now and Then’
■作品集の装丁:
・A4サイズ、カラー80ページ、100作品を収録、目次構成を左図に挙げる。
■申し込み方法:メール(h_obana@st.rim.or.jp)又は電話(03-3731-3182)で、送付先と共にご連絡ください。
■販売価格: 一冊 2,000円+送料80円 合計2,080円 (部数には限りがあります。)
■支払方法: 作品集到着後、速やかに銀行振り込みをお願いします。

(*)個展情報
・会場 天王洲セントラルタワー1F・アートホール  東京都品川区東品川2-2-24 
・会期 11月7日(月)~25日(金)(土・日・祝日は休み)
・支援・協力 中川特殊鋼株式会社

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


「心が揺れる」―顔展(グループ企画展)への新作

800__f20__3


*ギャラリーStage-1企画の’顔’展への出品作品
・ギャラリーステージワン(Stage-1)
・開催期間 2011年8月8日(月)~8月18日(木)
・画題  「心が揺れる」 
・大きさ F20号縦(H727xW606) 
・思い  3DCG(Computer Graphics)の顔モデルと魚の群れを組み合わせた。何となく落ち着かない、決めたいのに決められない、そんな状況をが表現できた。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク

「先を見つめる」―顔展(グループ企画展)への新作

800__f20__2

*ギャラリーStage-1企画の’顔’展への出品作品
・ギャラリーステージワン(Stage-1)
・開催期間 2011年8月8日(月)~8月18日(木)
・画題  「先を見つめる」 
・大きさ F20号縦(H727xW606) 
・思い  3DCG(Computer Graphics)の顔モデルを複数組み合わせて、確かな未来を見据えるような表情を作ってみた。枝が生えても決して動じない。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

ギャラリーStage-1企画 ’顔’展へのお誘い

Dm800_2

Dm800_3

 Stage-1の天野喬夫さんから是非に、とのお誘いをいただいて参加することを決めた。いろいろとスケジュールが重なる中で、厳しい作品制作になった。
 顔に関連する作品を、壁幅80cm以内に収めて、高さ方向は、会場に収まれば制限なし。そこで、欲張ってF20縦を2作品とF10縦、計3作品を準備することにした。新作を2作品準備したので、ぜひ、会場に足を運んでいただきたい。

------------------------------------------------------

ギャラリーStage-1企画の’顔’展のご案内
 本企画は、ギャラリーStage-1の夏の定番作品展。初参加なので、どんな作品展になるのか楽しみ。

■参加アーティスト:荒野 晶子、五十嵐 靖喜、池田 真一郎、大屋 俊郎、小花 春夫、片山 登士一、加藤 しほり、栗村 一予、寿 鼎、阪本 俊光、清水 ハルカ、杉村 倉太、セキ ジュン、テリー 今野、中島 明、林 千愛里、HITOMI、藤倉 春日、堀 明子、松山 友美、利水行、山本 直子、D. B. エディー  (以上23名)

■会期: 2011年8月8日(月)~18日(木) 開場時間:12:00~19:00 (最終日16:00)
■会場: ギャラリーステージワン(Stage-1)
住所: 中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1階       電話:03-3562-5181  
URL: http://www.skyfield-gallery.com/stage-1.html

------------------------------------------------------

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「祭り前夜の予感」-79回版画展(日本版画協会)応募作品

800_79_20110712_2

第79回版画展(日本版画協会) 応募作品
・京都市美術館
・開催期間 2011年8月10日(水)~8月14日(日)
・画題  「祭り前夜の予感」 
・大きさ F100号縦(H1620xW1120) 
・思い  3DCG(Computer Graphics)の人体モデルと質感を組み合わせた一連の作品群から、これから何か起きそうな雰囲気と表情を追求したいと考えて試行錯誤した。
 彼らの突き上げた手の先には、混沌の世界が広がっているのだろうか。それとも、明るい未来が見え始めているのだろうか。チュニジアの政変に端を発したインターネット社会がもたらした革命のうねりはこれからどこへ行くのだろうか。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「隙間からのぞく世界」が版画展(日本版画協会)に入選した

800_79_20110712

 これで3回目の応募。3年連続での入選になった。今回は、初めてのサイズF100での挑戦で、大きさに見合う構成と、子細な質感にこだわった。手応えのある作品が制作できたと思っている。

第79回版画展(日本版画協会) 入選作品
・京都市美術館
・開催期間 2011年8月10日(水)~8月14日(日)
・画題  「隙間からのぞく世界」 
・大きさ F100号横(H1120xW1620) 
・思い  3DCG(Computer Graphics)の人体モデルと質感を組み合わせた一連の作品群からシュルリアルな場面を切り取りたいと考えて試行錯誤した。
 多数の足の間からのぞく向こうの世界には、混沌の世界が広がっているのだろうか。それとも、明るい未来が見え始めているのだろうか。サッカー女子ワールドカップのあの感動を見ていると、決して諦めてはいけない、と背中を押されたような気分になった。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

第6回デジタル・デイ展(グループ展)のお誘い

Dm1200_6_20110719

Dm800_6_20110719

 『デジタル・デイ(Digital Day)』は、2006年にいろいろな経歴のデジタル・アーティストが集って結成しました。デジタル技法ならではの、新しい実験室的な試みも毎回実施しています。
 ・今回のテーマは:
□各人の割り当て壁スペース3.5mのほかに、共通テーマ『私のシュルリアリズム』作品を展示します。
□各アーティストが自由テーマで高さ25cm、直径約60cmの立体スペース空間にデジタルアート作品を積み上げた作品を集中展示します。奇妙なトテムポールができるかもしれません。お楽しみに。


------------------------------------------------------

第6回デジタル・デイ(Digital Day)展2011のご案内
・「デジタル・デイ展2011」を8月9日(火)から6日間の日程で開催致します。
・コンピュータを使った造形表現に、今までにはない新しい芸術の可能性を感じているアーティストが10人集い、新作を発表します。デジタル技法を駆使した個性あふれる作品群を通じて、デジタル・アートのおもしろさを感じていただきたいと考えています。皆様のご来場をお待ちしています。
■デジタル・デイ(Digital Day)展のホームページ:   
URL:http://digitaldayten.com/index.html
■参加アーティスト:相場 秀夫、 相場 由紀子、碓井 義忠、大井 浄、小花 春夫、神田 和也、國井 英和、小檜山 長代、関 光行、山田 敬士  (以上10名)
■会期: 2011年8月9日(火)~14日(日) 開場時間:11:00~19:00
■会場: 三軒茶屋キャロットタワー4階 生活工房ギャラリー
電話:03-5432-1543 住所:東京都世田谷区太子堂4-1-1 
URL: http://www.setagaya-ac.or.jp/ldc/

------------------------------------------------------

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

« June 2011 | Main | September 2011 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31