公募美術展、版画展の入選入賞作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■公募美術展、版画展などの入選入賞作品全50点を掲載。(02/27/2012現在)

3D-CGによるアート作品

  • 「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2
    ■3D-CGをアートの世界へ

写真作品の窓

  • Img_0940ar2800
    ■写真がおもしろくなってきた。

Painter作品から

  • 久しぶりの婦人像の習作
    ■Painterで描いたパソコンデッサン、絵画作品

油絵、版画、コラージュ作品からミックスメディアまで

  • 初めての動画をYouTubeに投稿
    ■デジタル版画とは違うジャンルの作品も収録。油絵や従来技法の版画、さらにコラージュ作品もデジタル版画に組み合わせたミックス・メディアまで

花火芸術の窓

  • Img_8437ar800
    ■花火らしくない花火の作品

マイリンク集

« September 2011 | Main | November 2011 »

ピクセル展(版画家によるグループ展)が開催中です

2dm1000

 タペストリー作品と小品2作品(マットサイズ太子)を展示中。会期は、今週の土曜日までです。
■会場:アートギャラリー・コルソー 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-1 日建ビル3F 
■会期:2011年10月24日(月)~29日(土) 10:00~19:00 (最終日17:00まで)

_1000

■出品作品:
・画題  「失われた時」 
・サイズと展示方法 W120cm X H220cm、デジテックス(ポリエステル系クロス)にUVプリントし、上下に金属パイプを取り付け、紐で吊るしたタペストリー。
・作者コメント 3DCG上で見出したアナログ感を感じさせる質感を大木のダイナミックな躍動感に適用した。その動線に呼応するかのように魚を配置してみた。今後のさらなる発展を感じさせる納得の作品になった。
 ここまでにいろいろ試みてきた質感の試行錯誤の成果が見えてきた。一つの長いトンネルを抜けたような高揚感を感じた。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク


悠美会展2011(絵画中心のグループ展)のご案内

36dm800

36400

 本グループ展(第36回悠美会展)への参加は、これで5回目。当方が勤務していた食品会社のベテラン画家が集まる年に一度の展覧会です。

■会期: 10/17(月)~22(土) AM11:00~PM7:00(初日PM2:00より、最終日は、PM4:00まで)
■場所: 銀座ギャラリー 「サロン・ド・ジー」 中央区銀座6-4-6 646ビル9F TEL:03-3571-5837

■出品作品: 下記の新作、4作品を出品します。 
1.「明日への分岐点」、サイズF30 縦
2.「勝利に沸く」、サイズF30 縦
3.「少女像」、サイズF6 縦
4.「想い出の情景」、サイズF6 縦


■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

小花春夫「デジタル版画」展の概要を決定

Dm1000_20111004

Dm1000_20111004_2

 本展は当方がデジタル・アート制作を開始して約10年の節目に当たり、中川特殊鋼(株)のご厚意により大型作品を広いアートホール会場に展示する、初めての本格的な個展です。皆様には、ぜひご来場いただき、デジタル・アートの質感の魅力や作品の迫力に触れて、デジタル・アートの見方を変えていただきたいと思っています。
 会場には、10作品を展示する予定です(内訳:H400cm X W200cm 4作品、H300cm X W300cm 4作品、H220 cm X W160 cm 2作品)。また、会場の47インチモニターで、過去作品を常時ご紹介したいと考えています。

□展覧会の名称: 今、そして、未来を見つめる 小花春夫「デジタル版画」展(個展)
Emerging Digital Art Works of Haruo OBANA   Now and Then
□展覧会の会期:2011年11月07日(月)~25日(金) 休館日:土、日、祝日
□開場時間:8:30~20:00(最終日17:00まで)
□場所:天王洲セントラルタワー1Fアートホール 東京都品川区東品川2-2-24 Tel: 03-5462-8811(代表)
□作家在画廊日 会期中の毎週月曜日。会期中はいつでも、前日までにご来場時間をお知らせいただければ会場をご案内します。お気軽に声を掛けてください。
*オープニング・パーティーは、11/7(Mon.)18:30より、トークタイムは、 11/16(Wed.), 11/22(Tue.) 18:00より、会場隣のカフェにて開催します。皆様のご参加をお待ちしています。


■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「既視感を覚える情景」

3000ar4800_20111002

 見れば見るほど昔どこかで見たことがあるような、そんな感情を覚えた作品になった。
 これらの木々の質感も忘れられない。今後への発展性を十分に感じさせる記念すべき作品になりそうな手応えと予感がある。3DCGで出したかったのはこういう質感だった。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

「そらの彼方」--AsiaGraph2011優秀作品賞

_3800_asiagraph2011

 今日(2011/10/01)、AsiaGraph2011の入賞・入選作品の発表があり、3点応募のうち本作品が優秀作品賞受賞に決まった。一昨年の「準入選」、昨年の「優秀作品賞」に続く連続受賞といううれしい結果になった。
 
*AsiaGraph2011優秀作品賞受賞作品
・会場:日本科学未来館(東京・台場) 
・会期:2011年10月20日(木)~11月22日(土)
・画題  「そらの彼方」 
・サイズ A1(H841xW591)
・思い 「名前のない島」シリーズに連なる作品のアレンジ。仮想の宇宙に浮かぶ島々の表情を多様に表現したいと考え、再構成した。島それぞれには固有の環境があり、島の守護神と動物、人類が生息してそれぞれの歴史を育んでいる、というような情景をイメージした。

■画像をクリックしてください。さらに拡大表示されます。
■右の「デジタル版画」ロゴをクリックすれば、トップページに戻ります。トップページへのリンク

« September 2011 | Main | November 2011 »

カウンター

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31