自分の中で、抽象表現がとても面白くなってきた。
 今まで3DCGの世界の中で、3次元のコラージュを制作して、それなりの面白さを感じてきたが、単なる模様として見られ、想像を膨らませる表現に至っていなかったように思えていた。
 そこで、今回はアナログ的な表現を加え、重ねることで、構成と色合いの多様性や複雑味などを加えることができ、抽象表現の納得度が上がったように思えてきた。

■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク