デジタル・アートを志す作家にとって、作家どうしがいろいろな関わり合いを持ち、影響しあうことが特に重要なことだ。そういうことを通じて、デジタル・アートの捉え方がブラッシュアップされ、自分の目指すべき姿がおぼろげながら見えてくることになる。
 作家としての感性とスキルを高めるためにも、勇気を奮って人との関わりを求めていく必要があるのかもしれない。