この作品のタイトルを考えながら見入っていたら、こんなタイトルが思い浮かんだ。
 前にも記述したのだが、3DCGモデルを造形の発生器として考えると実に面白い。表現の無限の可能性が広がってくる。こんな面白いツールを使わない手はないとさえ思ってしまう。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク