作品を制作する立場から、デジタル・アートが面白い重要な理由の一つは、偶然の造形を作り出す確率を画期的に高められるということだ。面白い奇抜な造形を求めて、いろいろと自在に試すことが出来るということだろう。
 3DCGの世界では、たとえば、鏡の反射や、ガラスの透過性と凸凹の揺らぎとを組み合わせれば、とても面白い造形を容易に作り出すことが出来る。よくガラス窓に映り込んだビルが面白い造形を作り出しているような場面を経験するが、まさにそれを効率的に試すことが出来ることになる。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。
<A href="http://hobana.cocolog-nifty.com/" target="_blank">
<img alt="トップページへのリンク" src="http://hobana.cocolog-nifty.com/gallery/bannerhp01.gif" width="80" height="25" border="1