*第49回神奈川旺玄展 応募作品
・横浜市民ギャラリー(関内)
・開催期間 2010年2月22日(月)~2月27日(土)
・画題  「晴れない疑惑」 
・大きさ P100号縦(1620x1120) 
・思い  3DCG(Computer Graphics)でシュルリアルな雰囲気を作りたいと考えて制作した大作作品。3つの顔のオブジェと3つの螺旋階段、そして、その向こうには鏡をはめ込んだ巨大なビルを組み合わせた。
 最近、新聞を賑わせるいろいろな報道、事件に割り切れないものを感じさせられるのは私だけであろうか。気分が晴れないのである。税金の無駄遣いを減らせば財源はいくらでも出てくると言って政権をとった政党、秘書の責任は政治家が取るべきと言っていた大物政治家の政治資金問題、17年間も無実の罪で牢獄に入れられた冤罪事件等々・・・それらの責任は一体誰がどう負うのだろうか。鏡に映しても決して綻びのない、どこに出しても恥ずかしくない社会体制が今、とても遠い存在のように思えてきた。

■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク