第一次世界大戦以後に、前衛的なアート運動としてその後の現代アートに大きな影響を及ぼしたダダイズムの渦中にあったハンス・アルプが制作した作品の一つがタイトルにある作品だった。
 そこにあったのは、偶然にも出現したコラージュを出発点にして、そこに意識的な秩序を加え、デザイン作品的に仕上げる制作姿勢で、芸術の可能性を広げ、その方法を飛躍的に拡大したとされる。
 デジタル・アートの追求すべき方向性の一つは、まさにそのことではないかと納得したような気分になった。

■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク