*第78回版画展(日本版画協会) 応募作品
・京都市美術館
・開催期間 2010年3月31日(水)~4月18日(日)
・画題  「潜在意識」 
・大きさ P100号縦(1620x1120) 
・思い  3DCG(Computer Graphics)でシュルリアルな雰囲気を作りたいと考えて制作した大作作品の一つ。
 無意識のうちに進行するいろいろな葛藤を軸に画面の構成を試行錯誤した。「動」を象徴する螺旋階段、「静」を象徴する椅子。反対方向を向き合う顔々。美しい裸体を「見たい」が、「見てはならない」という無意識の自己規制。それらはあたかも作者自身が、葛藤しながら進行する作品の制作の過程を表しているかのようだ。
 奥行きのあるビル群にそれぞれのオブジェクトを配置してみると、何気なく視線が向こうに突き抜けるような構図が良く似合った。

■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク