*第79回版画展(日本版画協会) 入選作品
・京都市美術館
・開催期間 2011年8月10日(水)~8月14日(日)
・画題  「隙間からのぞく世界」 
・大きさ F100号横(H1120xW1620) 
・思い  3DCG(Computer Graphics)の人体モデルと質感を組み合わせた一連の作品群からシュルリアルな場面を切り取りたいと考えて試行錯誤した。
 多数の足の間からのぞく向こうの世界には、混沌の世界が広がっているのだろうか。それとも、明るい未来が見え始めているのだろうか。サッカー女子ワールドカップのあの感動を見ていると、決して諦めてはいけない、と背中を押されたような気分になった。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク