素材は数限りなくあるものの、そこから面白いと思える組み合わせを考えるのは、結構、骨の折れる忍耐作業だ。雑然とした納屋に自転車が吊り下げられたような昔を思い出しそうな情景に至った。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク