3D-CGでも、結構あいまいな表情を面白く表現できるではないかなどと思い、一人納得した、と前作で書いたが、それでもまだこだわった。ここまでやれば納得。
 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク