近く神奈川旺玄展への出品を考えているF100号を想定した作品候補の一つ。
 世の中、どちらを向いても、定まったものがないような、何か不確定な壁のようなものを感じてならない。今が、新しい時代を迎えるための準備期間なのか、それとも、これからずっとそういう不安定な時代が続いていくのか。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク