初めてフォト・エッチング(写真製版)で制作した銅版画(01/18/2009付けブログで紹介した)を、数回のやすり掛けとアクアチントの組み合わせで仕上げた。この過程で、描画をやすりで壊し、さらに、アクアチントと手作業のエッチングで、描画を再構成して行く繰り返し手順を経験できたことは今後に生きると思った。
 綻びた壁の隙間から向こう側に広がる何やら不思議な幻想の世界をイメージした。2つの顔を中心にアレンジしてみたのだが。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク