しばらくの間、ブログへの情報のアップをサボってしまったので、最近作りためた作品を掲載することにした。
 リトグラフ(石版画)に興味を持ったのは、銅版画と同様に、従来技法を体験し、「デジタル版画」との違いや面白さを実感することを通して、今までの作品にさらに面白さを加えたり、制作の幅を広げることができるのではないかと考えたことによる。
 5月初旬から、ほぼ週一のペースで新横浜にあるプリントハウスOM(版画工房)にて、基礎コースと創作コースを経て2作品を制作したのだが、今までのところ作品作りの面白さが増したことには間違いがない。今までの「デジタル版画」、銅版画、リトグラフのポイントを理解した上で、こららの技法を使い分けたり、組み合わせることができれば、面白さはさらに倍加することが期待できると思う。
 この初めてのリトグラフ作品は、もともとのデジタル版画作品を写真製版したものをベースに、手作業と写真製版を組み合わせたテクスチャーを2版組み合わせた。(サイズ 297X420mm)
 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク