もの憂げな男の表情を描いた。いつも適切にアドバイスをくれる知人によれば、ミケランジェロの彫刻作品「死にゆく奴隷」を思い起こさせられたと言う。そう言われると、永遠の眠りに身を任せているような、そんな表情に見えてきた。
 今までにはないポップ・アート的な作品が仕上がった。

 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク