hobana.cocolog-nifty.com > Painter作品から

久しぶりの婦人像の習作
Painterによる習作「年輪」
あどけなさが残る少女ポートレート
和服を着た女性のポートレート
肘をついている女性ポートレート
「女性ポートレートがとても面白い」に色付け
女性ポートレートがとても面白い
少女のポートレートの習作に深みを付けた
知人のために似顔絵を描いてみた
作曲家ムゾルグスキーのポートレート
レンブラント自画像を模写した
美人画をうまく描けた
写真をもとに作成した模写デッサン
「ジェニファーの肖像」の模写に再チャレンジ
デッサン作品をデザイン的に仕上げ
習作「ローマの休日」をさらに描き込んだ

<< 前 | トップページ | 次 >>

肘をついている女性ポートレート

肘をついている女性ポートレート

自宅アトリエにていろいろ思案

2007年12月16日 (日)

 Painterでのデッサンを制作する際にできるだけ効率的なブラシの使い方を考えてみた。筆圧サイズ感知型の細い線で、輪郭を描き、筆圧濃淡感知型の荒いブラシで影の濃淡をすばやく描くことがポイントであることがだんだんと分かってきた。
 本作品では、それを実際に適用してなかなかの効果が出てきた。あまり意味のない手数を多くした細い線の積み重ねをやっと脱っしたような気分になってきた。作品の表情も気に入ったものになってきた。
 ■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク

固定リンク