hobana.cocolog-nifty.com > 公募美術展、版画展の入選入賞作品

晩秋の京
晩秋の古家
明日(あした)への疾走
水面(みずも)の揺らめき
水に揺らぐ楓
ガラスにゆれる雑踏
水面(みずも)のゆらめき
夢の島マリーナの夕映え
都会の焦燥
都会の蜃気楼
都会の焦燥
都会の孤影
黄昏(たそがれ)花
モーツァルトを育んだ街
こぼれ落ちそうな陽炎
忘れかけた心の風景
都会の陽炎(かげろう)
「仕事中毒」
「都会の虚像」
「時空トンネル」
「光と影」
「時空を飛ぶ」
「見ざる言わざる」
「幻惑」
「岐路」
「いつか来た道」(デジタル版画)
「夢に続く路」(銅版画)
「再起」
「落とし穴」
「凋落」
「再登場」
「見えない真実」
「晴れない疑惑」
「覆われた真実」
「潜在意識」
「覆われた真実」
「記憶のたまり場」---神奈川県展出品作品
「流転」---ハマ展応募作品2
「怒れる島」---50神奈川旺玄展入選作品2
「受難列島」---50神奈川旺玄展入選作品1
「宙(そら)の彼方」---第77回旺玄展受賞作品
「宙(そら)の彼方」--高知国際版画展入選作品
「隙間からのぞく世界」-79回版画展(日本版画協会)入選作品
「そらの彼方」--AsiaGraph2011優秀作品賞受賞作品
未知の遭遇 Toward New World---作品No.2
想い出の里 Nostalgic Islands---作品No.3
失われた時 Lost Ages---作品No.4
見果てぬ夢  Impossible Dream---作品No.1
「俺たちの明日」---51神奈川旺玄展入選作品1
「心の模様」---51神奈川旺玄展入選作品2

<< 前 | トップページ | 次 >>

ガラスにゆれる雑踏

ガラスにゆれる雑踏

第71回旺玄展(上野)

2005/05/21

*第71回旺玄展入選、入賞作品(佳作賞)
・東京都美術館(東京・上野) ・開催期間 2005年5月21日(土)~30日(月)
・画題  「ガラスにゆれる雑踏」 
・大きさ A0(1188x841) F50号相当
・思い 今回の共通テーマは、「揺らぎ」。以前から割れたガラスと都会の情景を組み合わせて、都会の多様性を、いろいろな形で描いてみたいと思っていた。今回は、その第一弾の位置づけ。個性的な表情をおもてに出さず黙々と人々が歩く都会のさまを題材に、ガラスに囲まれた都会が揺れた時の「危うさ」、「焦燥」を表現したいと考えた。
 構図をどう作るか、ガラスの質感をどう表すかが苦労したポイントだった。構図では、題材を上部に配置することで、不安定感が、結果として「危うさ」にうまくつながったように思う。、ガラスの質感を出すために、光の反射、透過の部分を組み合わせ、割れ部分には、いろいろな光をおりまぜることを考えてみた。自分としては挑戦的な作品だったが、とても気に入った作品になった。
■トップページに戻るには、このロゴをクリックしてください。

トップページへのリンク

固定リンク